fc2ブログ

ナス大戦記   

庭ノ畑ニ居リマス
07 /03 2014
Emergency!Emergency!

庭の畑に緊急事態発生!

私は超高速スリッパーに乗り、最前線へ急行した。

二本植えたナスのうち一本が、なぜか片側1/3ほど
葉っぱがしおれている。

初めて見る状況だ。こりゃめずらしか~!写真写真!
DSCF3614A.jpg

先日雨で倒れたほうでは無い。

一体なぜ?

私はナスについて自分の過去の記憶にアクセスして
答えを探ったが、ナスは天ぷらが一番ウマイという
事しか思い浮かばなかった。

仕方がないのでグールグル様のご託宣を頂戴しよう。

「なす 半分 しおれる」検索ボタンを押した。

ナントカ病という病気らしかった。

梅雨時にかかりやすく、ナスがままにしておくと、
全体が枯れてしまったり、別の苗に伝染する事も
あると言う。カビ菌の一種が原因。

やはり、敵の細菌兵器か!

お、おっとろしかぁ!!

ナス部隊が全滅したら、秋ナスを嫁に食わせてやる
ことも不可能になってしまう。

病気の苗を抜いてしまえば、一本は生き残るだろう‥。

しかし、共に闘った仲間を見捨てる事などできない!

困ったナス。どうしようかナス。

対策としては、木酢液が効くようだ。仕事が早く
終われば買いに行けるが、最近は雑用で遅い。

だがこのまま菌の侵攻が進めば、戦艦なす潮
畑に沈んでしまうだろう。

やはりもう猶予は無い。一刻も早く木酢液攻撃で
悪魔のような敵を殲滅しなければ!

とにかくきょうは下痢が止まらんとか言って、
帰りにホームセンターに寄ることにしよう。

念のため先刻、嫁御第八補給隊にも打電して、
百均木酢液の手配を要請しておいた。

よし!今夜は決戦だナス!


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
新鮮野菜と応援ありがとナス

家にメロンが二箱も!

庭ノ畑ニ居リマス
06 /24 2014
ある日仕事から帰ったら、雲仙メロン様が2箱、鎮座ましましていた。
DSCF3427A.jpg

ィヤッタぁぁーーーーっ!!!

ウホホー!ウホホー!めろんじゃめろんじゃ ヨロレイヒ~♪

私は歓喜のあまり、ヨーデルを唄いながらコサックダンスを踊った。


あいた~ こげん一杯、どがんして食びゅうかぁ~。

メロンシャーベット!

メロンジューチュ!

恵方を向いて丸かぶり!


2箱も一体誰がくれたのだろうか?それよりもまず、熟れ具合を。

いざ、オープーン!! 


え゛?
DSCF3429A.jpg
たぅ~まネぐぅい~~

DSCF3430A.jpg
ぢゃ~ぐゎいモ~~

全て、もらいもんの野菜だった。

ハイッ!ざぁ~んぬぇ~んどぅえ~しとぅわ~~!

── 小学生にそんな言い方で小バカにされた気分だ。

2014年上半期一番の、がっかり八兵衛!

幻のエアメロンと名付けた。

箱は家内が野菜を入れるためにもらって来たものだそうだ。
狭い家のため、細長い箱を選んだのは悲しいがグッジョブ!

できれば、期待を抱きようの無い、ゑびすかぼちゃとかの
箱にして欲しかった。


しかし、聞けばこの玉ねぎ、一月に亡くなったおばさんが
最後に植えたものを、送ってくれたのだそうだ。

じゃがいもは、その息子がおばさんの代わりに毎朝早起きし、
仕事に行く前に世話をして育てたものだと言う。


旅立ってもなお、季節を届けてくれる人。
懐かしい人の残した畑を守ろうとする人。

優しい思いの詰まった野菜は、高級なメロンよりも
有り難いものだ。


私は、庭で採れたナスとトマトを自転車のカゴに積み、
雨上がりの西の空を見上げて、実家へと向かった‥。

DSCF3433A.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
野菜と応援ありがたう!

夏野菜、ドーンと生育中!

庭ノ畑ニ居リマス
06 /22 2014
うちの庭には小さな畑スペースがある。

去年は、なぜかやる気が起きず何も作らなかったが、
今年は寒いうちに土を寒ざらしして準備を整えた。

春になり、4月20日に、まずトマトとナスの苗を植えた。
DSCF1943A.jpg

端の雑草を取らないのにはちゃんと理由がある。 面倒だからだ。


その苗が今では、

ドドーン!!
DSCF3186A.jpg

ものすごく元気に育っている。


よい苗はホームセンターではあまり見かけない。

専門店で買うのが一番いいのだろうが遠いので、
主にAコープで農家が真面目に作ったものを買う。

床にならべた苗の周りをグルグル回り、色ツヤと元気の
いいものを、目をカッ!と見開き、セレクトビームを照射して
何度もウロウロキョロキョロして見比べ、やっと選択する。

そして、不審者通報される直前に、レジに持っていく。
まずは、よい苗を選べるかどうかが肝心だ。


元々畑はよい土なので、苦土石灰を撒いて少し寝かせた後、
腐葉土と牛糞たい肥を鋤きこむ。通常はこれだけ。

化学肥料はあまり多用せず、追肥にする。
あとは必要に応じて野菜に見合う肥料を与える。

最近は、実のなる野菜にはリン酸が豊富なバットグアノ
(コウモリの雲古)を使っている。100円だからだ。

プランターの土はホームセンターで100円くらいの安い
土だが、畑と同様に腐葉土と牛糞たい肥を混ぜ、それに
「よい畑の土」を少しすくって混ぜる。

これによって、よい微生物が住みつくと考えている。

雑草取りは日々のメンドーコテな仕事だが、カタバミ
(長崎ではスイカンボ)の根が一番厄介。

出来るだけ取って捨てるのだが、小さく分かれた種は
判別しづらく、少し芽が伸びないと判らない。

とにかく、春のうちに根っこから取らないと減らない。
でも、今年は最初からあきらめている。面倒だからだ。


苗と苗のスペースが勿体ないので、水菜とかを植える。
DSCF2851A.jpg

スキマ農法作戦と名づけた。

ゴーヤとスプリングほうれん草も参戦。ほうれん草は
苦味が無く、サラダでOKの品種。
P6010077TA.jpg

きゅうりも2本植えた。葉っぱもデカくなって順調。
DSCF3409A.jpg

もう7、8本は採れた。天気がいいと一日で巨大化する。

見えにくい所にあったので、穫った時はすでに390g。
それでも、みずみずしくてちゃんとウリの味がする。
DSCF3414A.jpg

ナスとピーマンは天ぷらにしてもらった。最高だった。


昨日の朝、ナスが雨と実の重みで倒れていた。
DSCF3410A.jpg
(倒れていたので、まだ葉っぱが全部ヨコ向きになっている)

雨の中、アウアウ言いながら立て、補強を追加した。

でも大苗になってきたので、秋ナスも大丈夫だろう。


ミニトマトは最初の一房を収穫。完熟するとウマウマだ。
DSCF3393A.jpg

しかし、こまめに手入れが出来ないので、わき芽を取れず
枝が伸び放題になって形がメチャクチャ。
DSCF3398A.jpg


家内は、園芸はサッパリロンドンニューヨークなので
手入れについてはアテにできない。

最近はだいぶマシになったが、以前はひどかった。

リーフレタスがやっと育ってきたので、食べる分を取って
きなと言うと、根っこから引き抜いてきた。

夏の暑い日に帰ってきたら、プランターに植えたナスも
ゴーヤも水をもらえず、へにょ~~んとしおれていた。
CIMG1304TA.jpg
※証拠写真発見!

朝から絶対に水をやってから仕事に行く事にした。


さてようやく、トメイトウ色づいてきたようだ。
完熟したら、ビール片手にカブりつく予定!
DSCF3403TA.jpg
ああっ、考えただけでよだれが‥

新鮮でウマシャスな野菜を作るのは楽しいね。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
いつもありがとごんすなたー

裏庭のうこん

庭ノ畑ニ居リマス
06 /18 2014
数年前、裏庭に大きな葉っぱの雑草が生えた。

どこからか種が運ばれて来たのだろう。

激増しそうにない植物は、ゲストプランツとして歓迎する。
食べられるかもしれないからだ。

雑草は、放っておいたらドンドン背が伸び、1mを超える
ほどになってビックリした。

畑のあぜとかで見たことがあるが、何かは知らない。

冬になって自然に枯れたが、根元を見たら生姜のような塊。
やっと、香辛料のうこん(ターメリック)だと判った。
DSCF3388A.jpg


散歩記をご存知の方は、タイトルを見て、どうせウンコの
話だろと失笑された事だろうが、今回は本当にうこんの話。
いつも下品な話ばかりでは無いのです。


でも、裏庭のうこんの近くでウンコ臭がする事はある。
うちの裏庭は、近所のネコのトイレになっていたらしい。

ある冬の日、草かげに地雷があるのに気づかず、靴で踏んで
そのままクルマに乗って出かけた。

暖房が効いてきて、車内にウンコ臭が充満した。
高速に乗る直前だった。

車内にあったダンボールでヘラを作って汚染物質を除去し、
雪解けの水たまりで靴底を洗った。ひどい目に遭った。


去年は、土を半分入れて放置したプランターが、近所のネコの
トイレに採用されていた。

あちこちにウンコ地雷を仕掛けられるよりは遥かにマシなので、
泣く泣くヨソのネコのウンコの始末をしていたのだが、だんだん
バカらしくなってプランターを片づけ、動物よけの粉を撒いた。


いかんいかん!うんこの話題なのに、ついウコンの話を…

うこんは、二日酔い対策ドリンクで名前をよく聞くが、最近は
摂り過ぎると肝臓障害を起こすとも言われだしたようだ。

裏庭のうこんは、特に使う事も無く、自然に任せている。

今の時期、蓮のような淡いキレイな花が咲き、夏は通るのが
邪魔になるほどデカくなり、冬には枯れてしまう。
DSCF3389A.jpg

毎年だんだん増えている。

植物が育つ時、土も養分になって減るそうだが、肥料も一切
やらないのに、何を栄養にしてあれほど育つのか判らない。

エネルギー保存の法則に反している気がする。

ハッ!もしかして、ネコがうこんの根元に…。


※注:お食事中の方には不適切な表現を含みます。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
今ごろ言うな!

あきらめない!紫陽花

庭ノ畑ニ居リマス
06 /09 2014
実家の庭に今年も咲いた、鉢植えのあじさい 墨田の花火
(赤いのは別の花)
DSCF3155A.jpg

組織の目をあざむくため秘密にしていたのだが、
実は私も少々園芸を楽しむ。

墨田の花火を枝分けして、うちでも鉢植えにしていた。
ところが去年の暮れに休眠状態になってから、雨の
あたらない軒下に置いたまま忘れていたために、
とうとう枯らしてしまった。

茎は根元まで真っ白になってバキバキ割れる。

肥料と水を与えてみたが、春になっても応答ナシ。
やはりダメなようだ。仕方ないので夏にまた実家から枝を
もらって挿し木をする事にして、さらにほったらかした。


そして、5月も半ばになったある日のこと、根元に雑草が
生えていたので取ろうとしたら、見覚えのある葉の形。

見てみんね!あじさいばい!すごかぁ!生きとったとばい!

私はコーフンして、その場でトリプル・ダブル・ダブルの
コンビネーションジャンプを跳んだ。

幸い、山下さんの奥さんには見られなかった。

完全に枯死したと思っていたが、地下で復活の時を
待っていたのだ。 春待ちゾンビ作戦と名づけた。
DSCF2849A.jpg

今年はもう間に合わないだろうが、来年また沢山の
花を咲かせてくれるだろう…。





ところがどっこい庄一。
またある日、鉢を見ると、今度はパセリが生えている。
DSCF2860A.jpg

「なぜ?なぜ、パセリが?」

鳥がパセリの種など運んでくるはずが無い。

眼球をマクロモードに切り替え、2センチの距離まで
近づいてパセリをよぉーーっく凝視した。
DSCF2860BA.jpg

果たしてそれは、アジサイのつぼみだった!

何という植物の生命力だろう。

「ふんにゃほほーい!」私は思わず意味の無い言葉を発し、
インデアンダンスを踊りながら鉢のまわりを4周した。

墨田の花火は本気だった。土の中から直接つぼみを出し、
今年も咲こうとしている!

「やってみんね!お前なら出くったい。花ば咲かせんばぞぉ!」

私は、自分がほったらかしにした事などすっかり棚に上げ、
頬を紅潮させて、あじさいにエールを送った。

ふと、小型犬の鳴き声がして振り向いたら、山下さんの奥さんが
走って行く後ろ姿が見えた。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
よかったらときどきポチをお願いします

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。