スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らんたぼ

昭和59年型 三菱ランサーEX 1800GSR TURBO 後期型

ランサーターボ。通称、ランタボ。lancerturboSB5312.jpg

お分かりかとは思うが、妖怪たんたん坊とは関係ない。

ランサーエボリューション(ランエボ)のご先祖様だ。


それはまだ私が20代後半の頃。

仕事帰りの夜、近所の三菱ディーラーの中古車コーナーに、
薄明りに照らされた黒のランタボがいた。

当時は巨大だったフロントスポイラーと三角のリアスポイラー。
ビンテージレーサーのような小さなドアミラー。
直線と角で構成された、素浪人のような何とも無骨なスタイル!

Sicturbo2.jpg

えーっ?このクルマこんなカッコよかったか


あきたこまち! イヤ‥、ひとめぼれだった!

すご~くシビレた! 正座して見ていたからだ。

そして、クラクラ~ッとした!! 腹が減りすぎていたからだ。

おにぎりを持って三夜連続で通い、週末にローン契約をした。


その時乗っていた軽のミニカターボは、新車で買って2年
ほどだったのだが、どうしてもランサーに乗りたかった。

新しいクルマを下取りに出して5年落ちの中古を買う!

周りの人からは、バカ、あほ、変態、鼻クソ、帰れなどと
小突かれたが、本人はニコニコルンルンだった。(←昭和)


軽い車体に強力なターボ猿人を載せていて、動力性能は
イヤッホゥ~!で、俗に言うドッカンターボだった。

アクセルを踏み込むと、ウゥ~ンと少しのラグのあと、
ブリブリブリブリブリブリ~ン!!!
と、いきなり急加速してブッ飛んでいった。


純正オプションのノンスリップデフがついていた。

略してノンスリと言った。 トンスルとは違った。

クルマは、カーブを曲がる際、遠心力で内側の駆動輪が浮き気味に
なると、差動装置(デフ)によって外側の車輪の回転を落とし、急な
姿勢の変化を抑えてスムースに曲がれるようになっている。

ノンスリが付いていると、外側の車輪の回転は落ちる事なく、
カーブをウギョギョギョ!と無理やり曲がる!

この機能を利用して、側道から本道に出る際、アクセルと
クラッチのタイミングだけで、ギュワン!と直角に曲がり、
ピタッ!と進行方向を向いて、ダーッシュ!

町角という町角を、こんな事をして遊んでいた。
まったく脇毛の至りだった。

なので、今どきの若者が調子こいた運転をしていても、
「はよう大人になるんやでぇ~」としか言えない。


このクルマに乗り始めた頃は、仕事が忙しくて休みも少なく、
寝る時間を削って、命がけで夜遊びしていた。

お年頃だった。

夜、仕事が終わってバイトの女子大生を家に迎えに行くのだが、
排気音がデカいため、家の手前の坂の頂上でエンジンを止め、
静かにゆるやかな坂を下って停まる。

月影の忍者グライダーと名付けた。

そして、足音で両親を起こさないよう、靴を両手に持ったくの一が、
家の窓から忍び出てくる。

う~ん!佐野元春のHEART BEATの世界やぁ~!(どこがだ)

お金が無い時は、うろうろ走ってたこ焼きを食べて過ごしたりした。

帰りに送る時は、玄関でおかあさんが仁王立ちしていないか、
ビクビクしながら戻った。

ランサーにはそんなセンチメートルな思ひ出もある。
わしも若かったんじゃのう~。


ランサーターボは、過去も現在も、そしてこれからも
たぶん、一番好きなクルマ。

SLANCER0364571.jpg

あの独特の雰囲気は、他のどんなクルマも持っていない。
私の中では、サムライ、ゼロセン、そんなイメージ。

どちらもお下劣な宴会芸と同名なのがちょっと悲しい!


2016年現在、三菱自動車は、セダンの開発をやめると言う。
かつてラリーで活躍したランサーもギャランも、もういない。

小型SUVと電気自動車に絞り込んでいくそうだ。
あとはスズキと日産から供給されるOEM車。

まさかこんな事態になるなんて、思ってもいなかった。
生き残るための選択なのだろうが、何と寂しい事か。

誰もが未来への希望を失いかけている今の世の中で、
三菱自動車がもう一度見ようとしているSUVの夢が、
どうか正夢になれよと願うばかり。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
いつもありがとう コメントもありがとう

スポンサーサイト

テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ブログ

皿うどん麺の食べ方 その2

死んだと思われる前に、何かアップしておこう!

今回は、皿うどんの細麺の、ウンま~いレピシーをご紹介。

お椀やカップに、ポッカのポタージュスープと、少し多めの
皿うどん麺を入れて熱湯を注ぎ、かき回して1分待つ。
SP1020104.jpg

以上!


麺は柔らかくなってしまうが、「昨日の皿うどん」の食感になり、
これはこれでクリーミーで大変よろしい。
SP1020105.jpg

但し、ポタージュスープは絶対にどんな事があっても、
ポッカのポタージュを使用しなければならない。

なぜなら、私はポッカのポタージュスープに入っている
ポテトクルトンがしゅきだからだ。

でも、クノールが好きならクノールでも全然OK!


一度、熱湯を入れたのを忘れて10分以上経って気づいたら
お湯を吸った細麺は太麺になり、ほぼシチューになっていた。

ウヒャアー!と思ってコッソリ捨てようとしたが、やっぱり
もったいないので口に流しこんだら意外にウマシャスだった。

う~ん、これはこれで。

パリパリの食感がよければ、テキトーなタイミングで麺を入れればよし。
SDSCF8788.jpg


うちでは、マルタイの皿うどんも食べるが、皿うどん麺単品は、
白雪食品のちょっとくずれたチャーメンばかり。

以前も書いたが、これはそのままポリポリ食べられる完成度。
メーカーによっては、うす味のものや、油まみれでドベドベの
ものもある。太さや硬さも違う。

食べ比べて好みのものを探すべし。


あと、コーンクリームスープだと甘くなり過ぎてダメ!

思わずあんまあああ~~~!と言った途端、半開きの口から
スープがどぅわあぁああ~と流れだす恐れもある。


チーズ味のスープなら、カルボナーラ風になるかもしれない。

これも味が濃くなりそうだが、味付けが薄めの麺なら合うかも。

そうだそうだ!チーズは合いそうな気がする。

ヨーシ、来週試してみよう!

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
もう少しでヒマになる予定!しばしお待ちくだされ。

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

小長井から太良まで、ちょっと走る

大雪のあとの休日、佐賀の太良町へ調べものに出かけた。

午後から庭に出ると、雪が20センチくらい積もっていた
ビオラが見事に復活していて、アピョ~ン!と驚いた。
SDSCF8813.jpg

冬に咲く可愛らしい花の、真の強さを見た気がした。

長田バイパスをクルマで北上。
SDSCF8820.jpg

心の汚れた者にはワイパーがサビているように見える。
これは茶色のクレヨンで塗っているだけだ!

天気がよくてもったいないので、小長井町の道路公園に
クルマを置いて、あとは自転車で行くことにした。

最近はクルマに26インチの自転車を積みっぱなし。

エコでは無いが、そのままの状態で積んでいるので、
サンダーバード2号並みに機動性バツグン!


県界を越えると、佐賀県藤津郡太良町。

いつも気になるのが、高台の国道から見えるこの海岸。
SDSCF8830C.jpg
海水浴場のようだが、行った記憶は無い。

Googleの地図では右側の集落から道が続き海水浴場で
行き止まりになっているが、どうも左側の堤防道路からも
行ける気がしてならない。

帰りに時間があったら探検して見よう。


太良町は佐賀の最果ての地であるためか、道路整備も
後回しのようだ。

表面が象の尻状態のうえ、細かい砂利が無数に散らばる。
SDSCF8833.jpg
たまらず歩道に逃げるが、歩道も砂利だらけ。


国道207号線の、諫早市から佐賀県鹿島市までは、
ほとんどがJR長崎本線と並走する海岸道路。

昔の街道は、海沿いに道を作ってもすぐ壊れるので、
山の尾根を通っていた。海岸道路は新しいものだ。

右側の国道は切り崩して道をつなぎ、左側のJRは
トンネルを掘って線路を伸ばしている。
SDSCF8855.jpg

若いころはクルマの運転も楽しいもので、この道を走り、
佐賀の背振山を越え、福岡まで遊びに行っていた。

あの頃は、高速道路はまだ全線開通してなかった。

廃墟になった観光ホテルの沖は、のり養殖場。
SDSCF8852C.jpg

モノホンの有明海苔は、香りが違ーう!
食べる前につい、スーハースーハー嗅いでしまう。
トリップして有明海の不知火の幻覚が見える。

粉にして軽く炙ったものを、ガラスパイプで
鼻から吸引したいくらいだ。 (ダメ!)


太良町歴史民俗資料館に立ち寄る。
SDSCF8897.jpg

自転車で来たので、すでに15:30。
資料館は、あと30分しか見れない!

コロッケがやる五木ひろしの早送り動作で行動しよう。

ここには有明海ならではの漁具などを展示してある。
SDSCF8873.jpg

潜水漁を行うための装備
SDSCF8865.jpg

近代の海苔すき機
SDSCF8863.jpg

昭和の民具なども多い。

懐かしい五右衛門風呂の釜!
SDSCF8884.jpg

子供の頃住んでいた、長崎市内の家は五右衛門風呂だった。

湯船に、円形に組んだ木の板を浮かべ、その上に静かに足を
かけて中に沈めながら入った。

途中で板のバランスが崩れると、板はタテになって浮き上がり、
股間を強打する。危険な構造だった。
う~ん、いい思い出だなあ~

30分では見きれなかったが、面白いものが沢山あった。
ゆっくり時間をとって見に行ったほうがいい。

今回、一番ホヘヒー!と思ったのは、むかしは太良町全体が
佐賀藩諫早領だったという事実。
SDSCF8857C.jpg

明治の佐賀一時消滅事件は知ってたが、これは知らなかった。

「諫早歴史物語」をよく見ると、同様の地図があった。
特に本文では触れられてなかったため気づかなかった。
郷土歴史ファンの間では常識なのかもしれない。

元は同じ佐賀藩諫早領なのに、なぜ県境が変わったのだろうか。


役場近くの旧道で、観音・弘法堂と書かれた御堂を発見。
SDSCF8911.jpg

観音像の他にも、崩れかけた石仏や石塔、形象石など
祀る人がいなくなったような神仏が集められている。
SDSCF8907.jpg

これは弘法大師像。
SDSCF8905.jpg

清原像では無い。

こんなコワモテの弘法さまも珍しいが、修行僧なので、
実際はこんな感じだったかもしれない。

平成二十一年に寄進された木像のようだが、奉斎者の
手彫りなのだろうか。


帰路、例の海水浴場に続いてそうな海岸の堤防道路を往く。
SDSCF8951.jpg

舗装されてはいるが、冬だというのに草が茂り放題。
SDSCF8957.jpg

段々不安になってきたが、あっさり到着。
SDSCF8971.jpg

やはりワシの説は間違うてはおらんかったのじゃあ!

これで丘をひとつ越えなくて済む。

この白浜海水浴場は、人工の海水浴場との事。
そう言われればそうだ。本来は干潟のはず。
SDSCF8973.jpg

なかなかキレイなところだ。

向こうのほうでアベックが黄昏れていた。

入口側から出ようとしたら、チェーンが張ってある。
冬場は立ち入り禁止なのだろうか。もったいない。


太良はもぐり発祥の地。
SDSCF8982.jpg

何だか誤解されそうな自慢だが、もぐりと言うのは
潜水して貝を採ったり、護岸作業をする潜水夫の事。

本場なので、もぐりの潜水夫はいないのだろう。

肥前大浦あたりは国道がせまく、路肩がほぼ無い。
SDSCF8983.jpg

県界まで戻ってきた。
SDSCF8990.jpg

17時を過ぎていたが、小長井漁協の直売所がまだ
営業していたので、小長井牡蠣(大)を1kg買った。
SDSCF8996.jpg
カゴつき自転車のメリットを活かせるところだ。

ここで売っている有明海の海苔佃煮が美味い!
余計なものが入っていないなくて風味がよい。

無かったので訊ねたら、牡蠣で忙しくて作るヒマが
ないとの事。ここで作っていたとは知らなかった。


小長井のフルーツバス停はけっこう有名になった。
スイカ、メロン、いちご、柿などいろいろ。

その中で、これだけが何なのかハッキリせず、長年
我々の間で議論されてきた問題だった。

SDSCF8998.jpg

りんご、ザクロ、サクランボ、赤カブなど、様々な説。

しかし、最近になって 「たぶんトマトだろう」という
結論に至った。

よく見ると、葉っぱが家庭菜園のトマトの葉と同じ形だ。
作者はデカいヒントを残していたようだ。


気が滅入っている時は来ないほうがよさそうな、
淋し~い、淋し~い、小長井の海岸。
SDSCF9007.jpg


自転車を、ボロくないしサビてないサンダーバード2号に積み、撤収。

SDSCF9023.jpg

今夜は基地で牡蠣焼きじゃ!

テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ブログ

黒木ィ~越ォえぇ~

一年以上も前に書きかけてオクラ入りしていた話を
今さら仕上げて出す私! (またか)

黒木越え  2014年10月19日(日)の自転車散歩記録

晴れたので、諫早から大村の444号線を萱瀬(かやぜ)ダム
方面へ登り、峠を越えて佐賀の鹿島まで行くことにした。
帰りはテキトーな駅からJR輪行で戻る予定。

ここは嶮しく、自転車では途中までしか登ったことがない。
このルートを走破すれば、白地図の道を塗りつぶせる。

やっている事が小学生の頃と同じなのが哀しいぞ!

今回は午前10時にはすでに出発!これでも早い方。
SDSCF6428.jpg

輪行で帰れるよう、折りたたみ小径車で行くつもりだったが、
重いオッサンが険しい登りでペダルやハンドルに体重をかけて
こねくり回すと、連結部が傷んでユルユルになってしまう。

今回は、クロス系ツーリング車で出撃した。

爽やかな秋晴れだったが、出発していくらもたたない内に
後輪が、パパパパ、パーンク!
SDSCF6425.jpg

毎度おなじみ路上修理。
SDSCF6426.jpg

チューブをはずしたら、一度パンク修理したものが入っていた。

修理済みのパッチが、だんだん高圧に耐えきれなくなり、
部分的にはがれてしまっていた。

やはり、スポーツ車はママチャリとは圧が全然違うので、
パンク修理は応急処置と考えなければならない。

新品のチューブに換えようとバッグを開けたら、これまた
修理したチューブ。ダメやんけぇえ~!

前回、新品を買い忘れていたようだ。ここで「また今度」と思うと、
同じ事のでんぐり返し。大村のイオンに買いに行こう!

きょうの自転車のタイヤは700インチの25cサイズ。

そのサイズのチューブだけが、売り切れだった。

イィヤアァアー!と叫び、床に大の字に寝転んで、
手足をバタバタさせたいのを何とかこらえた。

小さめのサイズのチューブでも一応使えるのだが、小さいものを
パンパンに膨らませて使うのは避けたい。デブだからだ。

走行中、パァーン!と派手な音をたててタイヤが破裂したら、
やっぱりね、と笑われ、動画をネットの掲示板にUPされてしまう。

仕方ないので、スポーツ車を扱っている自転車屋さんに寄って、
一番安いのを買った。

大村駅前の通りから路地を抜けて諏訪方面へ。
SDSCF6432.jpg

大村の古い住宅地には、昭和の雰囲気が色濃く残る所がある。
今度、ゆっくりまわってみよう。

産直かやぜから右折。国道444号を山に向かって進む。
SDSCF6446.jpg

途中で川向うの旧道へ。
稲も半分以上は刈入れが終わっているようだ。
SDSCF6453.jpg

古い造りの農家が点在する。
SDSCF6458.jpg

二十数年前は、この辺りに食品の移動販売バスが回っていたが、
そんな商売も成り立たなくなった事だろう。

萱瀬小学校あたりから国道に戻る。

人が集まっていると思ったら、氷川神社の秋祭りらしかった。
SDSCF6471.jpg

私の住む町は、夏祭りも秋祭りも無い。うらやましいので
何か嫌がらせをしてやろうか。 (するなよ)

川沿いに河川公園があったので日陰でパンと牛乳の淋しい昼食。
SDSCF6475.jpg

きょうは、カフエーに寄ってカリー食ってコーピー飲んでから
山越えするつもりだったが、パンクで予定が狂った。
SDSCF6473.jpg

パンクしてパン食う。もちろんつまらないさ。

休憩もそこそこに山奥へ進む。

ダル?なんじゃそりゃあ。
SDSCF6490C.jpg

あとで調べたら、「だどめ」と読むようだ。馬をつないでおく
場所のことらしい。そういう時代があったのだろう。


奥の方に、ダムらしきものが見えてきた。
SDSCF6491.jpg

「ダムよ~、ダムダム!」と独りごとを言いながら進む。

う~ん、一年以上前の話とは言え、ネタが古過ぎだろう。

そういえば「脱糞ゴリラ~、脱糞ゴリラ~」とか歌って
いたサングラスの赤い二人組も、最近は見かけないようだ。


いよいよ、ほぼ一直線にダムまで登る坂道。なかなかの傾斜!
SDSCF6494.jpg

早く登っても何ももらえないので、疲れないようゆっくり登る。

スポーツタイプの自転車だと、坂の途中で止まってハアハア
ゼイゼイしているのはカッコ悪い!

そういう時は、写真を撮る振りをして休憩する。

口をだらしなく開けて、鼻水がステレオでたれているのを
見られないよう、マスクも必要だ。


ダムの正面から放水中。もう少しで上に到着。
SDSCF6504.jpg


ダムの堤を渡り、湖を反時計回りする木陰の道を行く。
SDSCF6505.jpg

道はせまく、奥の方は木が茂って日が当たらず湿っぽくて薄暗い。
幽玄というより陰鬱。何かが出そうな感じ。大丈夫、屁ではない。

とにかく、あまり気持ちのよい道では無かった。ぜひまた通りたい。


県道側の橋の近くには公園。道の駅もある。
SDSCF6510.jpg

ダム湖の奥は、黒木地区。

周りの人達が皆クロキと言うのでクロキだと思っていたが、
クロギが本当らしい。
SDSCF6516.jpg
(ちょっと拡大可能)

畔はクロとも読み「小高い所」という意味がある。確かに高地。


谷には渓流の公園もあるようだ。癒やしスポットと書いてある。
来る途中にそうめんとニジマス料理の看板があったな。ゴキュ‥

ああ、誘惑が多すぎてお使いが進まない!

黒木のもっと奥には山小屋があり、多良岳山系登山の拠点らしい。

古い商店がいい感じ。
SDSCF6530.jpg


五家原岳は、テレビ塔があるのですぐ判る。
ここから五家原岳に登った事は無いので、一度行ってみたい。
SDSCF6532.jpg

山へは基本、マムシがいない冬場に登る。たとえ咬まれなくても
きやあー!と驚いて谷底へ転落してしまうからだ。


「岩戸観音」の看板を見つけたので寄り道する。

すごい迫力の岩山の裂け目に、観音さまが祀られていた。
SDSCF6523.jpg

いつもこの調子なので、ナカナカ先に進まない自転車散歩。

さあ、峠を越えねば!

黒木小学校の横から険しい国道に戻る。
特に景色も見えない退屈なつづら折り。

しかも、でかいバイクで峠を攻めて往復するいい年こいた
おっさんがいて、やかましい上に煙たい!

バイクのキーを抜いて谷底に投げたいのを我慢して進んだ。


必死にガンバって登っても仕方ないので、時々休み休み、
お茶を飲み飲み、小便しいしい、屁をふりふり登ってゆく。

あとで地図を見たら、傾斜はもっときついようだが黒木の集落から
トンネルまで登る旧道もあった。次はこっちを走ろう。


やっとこズンドコ鹿島へ抜ける平谷黒木トンネルへ到着。
SDSCF6537_20160204172312a89.jpg

ここはトンネル自体が峠になっている。
SDSCF6539_20160204172334a67.jpg
歩道が無いことも無いが、狭いので自転車だと落ちそうだ。

途中に、長崎と佐賀の県境。
SDSCF6544.jpg

県境にまたがって「私は今どこにいるでしょう?」と、
死ぬほどくだらないクイズを出題する事も可能だ。

トンネルを抜けると佐賀県鹿島市の平谷地区。

平谷温泉へは、以前よく通った。
SDSCF6555C.jpg

山中の秘湯っぽい所が
よかった。タイミング次第で貸し切り状態になることも
あってのんびり出来た。

宴会芸のサムライやゼロ戦の練習も可能だった。

ただ、脱衣所にはイスが無く、休憩しながら何度も入れる
感じでは無かった。

近頃は利用者も増えているようだ。

平谷には産直所もあり、多良岳の湧水が汲める。
SDSCF6551_201602041723395fc.jpg

山の中の県道は取り立てて見るものは無い。ただ下るだけ。
SDSCF6558.jpg


視界が開けると、巨大な中木庭(なかこば)ダムと河川公園。
SDSCF6567_20160204172443baa.jpg

SDSCF6579.jpg

佐賀は長崎に比べ、何につけスケールがデカい。
SDSCF6575.jpg

崖もまた、ハンパでは無い!
SDSCF6578.jpg


谷間の奥の集落も見るところがありそうだが、もう夕方近い。
またの機会にしよう。
SDSCF6581.jpg

この444号線をまっすぐまっすぐ進むと、探し続けて幾年月、
去年の秋にやっと見つけた、北鹿島の天神宮に着く事を、
この時はまだ、知らない。

鹿島の浜宿で小瓶の酒やおみやげを買い、肥前浜駅へ。
SDSCF6584_2016020417251036b.jpg


17:21発 普通 長崎行き

見知らぬ町の黄昏時に車窓から眺める風景は、
故郷を遠く離れた旅人のような気分にさせる。
SDSCF6593.jpg

相変わらず、大聖堂の鐘の音が響き渡る車内。

ガラン、ガラァ~~~ン!
SDSCF6599.jpg

自転車は手すりにつなぐ。 あんな隅っこにポツゥ~ンと淋しそう!
SDSCF6600.jpg
ゴメンネ!ゴメンネ!

長崎本線は単線なので、普通列車はたびたび特急列車待ち。
それもまた味があっていい。のんびり行こう!

ふと窓の外をみると、上り線のホームにも列車が待っている。
SDSCF6601.jpg
特急列車が。

エエエ~~~~?

ああ、そうかー!特急も一時間にニ本あれば、どこかで待ち合いを
しないといけない訳だ。

さすが単線!参りました!


計画中の新幹線は、どうやら新しいフリーゲージの開発が
うまくいかず、意味なし芳一になりそうだと聞く。

おそらく、可変する車軸だけ、般若心経を書き忘れたのだろう。

「住民の血税を使うのならちゃんとやれやアホ!」と、
近所のおじさんが言っていた。


きょうは西諫早駅で下車。いつもの場所で自転車を組み立てる。
SDSCF6605.jpg

この白ポストは、確か30年以上前から存在する。
ネット時代になり、完全に時代遅れの遺跡。

だいたい、このウルトラBIGな大容量は何だ!!
会社員がどんだけ仕事帰りにエロ本を読むと言うのか!


まあ、どうでもいいのだが‥。

おそらくこの日も酒を買って家に帰ったことだろう。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
よし!とりあえずUPできた!

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Ramblingbird

Author:Ramblingbird
長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。 

記事一覧
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
↓よろしかったらランキングにご協力をお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。