fc2ブログ

へびっぽい地名 平口・片木・辺木・蛇田

長崎地名的散歩
04 /19 2023

 地名をいろいろ見ていると、へびっぽい地名や、へびに関すると言われる地名、そして、ズバリ「蛇」のつく地名があることがわかる。


 近年、日本中で自然災害が続いたことから、「災害地名」がテレビで報道されるようになった。「蛇崩(じゃくずれ)」や「蛇落(じゃらく)」など「蛇」のつく地名は、「大水による災害が発生しやすい所」と言う認識が広まっている。

 蛇は、そのくねくねした動きから、流れる水を象徴する生きものとされ、水の神は洋の東西を問わず、多くが蛇身で描かれる。


 ただ、へび地名がすべて災害地名という訳ではない。

 再来年の2025年はちょうど巳年なので、 今回は、長崎の「へびっぽい地名」について見てみよう。(何がちょうどだ)



 長崎市茂木町の中心部から、旧茂木街道のゆるやかな上り坂を田上方面へ進むと、谷の奥で傾斜がきつくなり、つづら折りの峠道に差しかかる。

DSCF7268A.jpg

 その辺りは平口(ひらくち)と言う所で、川平川が流れ、平口橋が架かっている。

DSCF7273A.jpg

 そして、頭上高く、長崎自動車道につながる県道51号線の高架橋が横切っている。

DSCF7271A.jpg


 以前、長崎のローカルTV番組で、長崎の古写真と現在の様子を比較するコーナーがあり、経済学者の姫野先生が、平口の地名由来を紹介されていた。「昔ここは毒蛇のマムシが多く、長崎ではマムシをヒラクチと言う事から、平口という地名がつけられた」という話だった。


 しかし、それは恐らく地元民の想像によるもので、「傾斜地・崖地の登り口」というのが妥当なところだと思う。

 ヒラは古い言葉で、主に「急傾斜地」を指す。山の登り口を山口と言い、坂の登り口は坂口なので、平口は「急傾斜地の登り口」となる。

 類例は少ないが、全国の平口を見ても、やはり同様の地形のようだ。

 ・浜松市浜北区平口

 ・松江市東忌部町平口


 ただ、崖の下というのは、地形的に地下水が出やすく湿っており、水生生物が棲んでいる。そしてそれをごはんにするヘビもいるはず。川のそばなら尚更のこと。

 昔の川や石垣は隙間が多く、蛇がスルスルと逃げ込んでいくのをよく見かけた。


 ここでマムシを一匹見ようものなら、「ホラホラ!ヒラクチのおるけん、ヒラクチばい!ホラホラ!ね?ね?」と、口をとんがらせて目をギョロギョロさせ、必死に同意を求めるヤツもいただろう。平口の「マムシいっぱい説」は、長崎弁による誤解に違いない。



 五家原岳の中腹にある「片木(へぎ)」集落も、郷土史関係の本には「マムシが多い」のが由来と書いてあった。畑に水を引く川がそばにあるので、へびくらいはいただろうが、これも言いがかりに違いない。

DSCF7153A.jpg

 ヘギは「ヘグ(剥ぐ)」を名詞化した地名であり、傾斜地の表面が地すべり等ではがれる所という事だろう。

hegi_zenA.jpg

     googleマップより

  

 実際、畑が崩れたようなところもあるし、この辺りでは、道路があちこち小崩落しているのをたびたび見かける。

DSCF7146CA.jpg


DSCF7138A.jpg


 雲仙市南串山町にも「辺木(ヘギ)」地区がある。山の上の傾斜地に田畑が広がる土地で、やはり畔や石垣の小崩落が見られる。へびに関する話があるかどうかはわからなかった。

DSCF0773A.jpg


DSCF0784A.jpg

 傾斜が急で、土がサラサラした所は、舗装や石垣などで固めないと、最後はただの斜面になってしまうのかもしれない。

DSCF0795A.jpg


 全国にある辺木も、見た限り傾斜地ばかりだった。



 南島原市有家町の蛇田(ひらくちだ)は、わざわざ「蛇」の字をヒラクチと読ませているので、恐ろしさはバツグン!

DSCF0800A.jpg

 普通、人が住むところの地名に「蛇」という字はあまり使わないものだが、ここは地図にも載っている。


 ただ、全国的に見ると、宮城県石巻市の蛇田(へびた)などは、街なかの行政地名として存在しており、蛇田駅や蛇田小学校もある。元々は川の中洲の氾濫原だったと思われる。


 日本では古来から蛇を神聖視して信仰対象とした地域も多い。それは遥か縄文時代から受け継がれたものと言われている。蛇に対する感じ方も様々なのだろう。


 有家町の海岸部から尾根道を登り、蛇田(ひらくちだ)集落に入るあたりから、坂の傾斜は急になる。しかし、集落を過ぎるとまたなだらかになる。周辺は登ったり下ったりの複雑な地形で、崖も多い。

 つまりここは、地形的には「急傾斜地の入り口」ではない。

hirakutida03A.jpg

     Googleマップより


 では、本当にへびが多いのだろうか?いや、それはない。地名にはちゃんとそれなりの意味があるはずだ。


 私は集落の周りを、たくさんのへびが出てこないかとビクビクしながら見て回った。

 集落の西側には大きな溜め池があり、昭和22年の航空写真にも写っている。

DSCF0804A.jpg


 東側の落ち窪んでいる所は、広い湿地になっている。

DSCF0803A_2023041712340298d.jpg

DSCF0802A.jpg


 その先にも大きな溜め池があり、隣の集落にもひとつ、合計3つの溜め池が並んでいる。


 溜め池が昔からあったかは判らないが、少なくとも水の湧出があり、水が溜まりやすい地形のはず。水が多ければへびも多そうだが、ここも地形状況の地名で説明できる。


・ヒラは急傾斜地。これは、集落の尾根の周囲に崖があるから。溜め池が人工のものだとすると、そこも崖だった事になる。


・クチは入口ではなく、この場合は湿地を表す「クチ(朽ち)」だと思う。


・ダは処(ド)で、「場所」を示す。


 元々、島原半島の南側は溜め池が少なく、旱ばつになると田畑がすぐに枯れていたらしい。それが島原の乱の一因とも言われている。

 この地を開墾した御先祖たちは、貴重な水源を新参者に取られまいと、わざと怖そうな「蛇田(ひ~ら~く~ち~だ~)」という地名で通したということは考えられないか。(いや、そんな言い方はせん)


 他にも由来の候補がある。蛇田(ひらくちだ)は、長崎県の小字地名総覧によると、蛇田、上蛇田、東蛇田、蛇田原、蛇田尻、蛇田谷の6つの小地域に分かれており、半数は「ヒラクツダ」と発音されていたらしい。

 地名の「クツ」は崩れるのクヅの可能性がある。集落の周囲の崖が崩落していた可能性も考えるべきだろう。


 さらにもういっちょ。ヒラクチが元々は「ヘビ」だったと考えた場合、集落周辺の土地は、左右に大きくうねった上、登り下りも激しい。この地形状況を蛇に見立てたのではないかとも思える。

hirakutida02A.jpg

     Googleマップより     


 全国の「蛇」のつく地名の土地は、やはり氾濫原や山の地すべり地と思われるところが多い。しかし、そうでもなさそうなところもある。語感が「へび」に似ているというだけで「へびが多いから」などという、しょうもない由来譚を語られるのも気の毒だ。


 郷土史などの地名や伝承は、未だに50年も100年も前の説をそのまま事実のように載せている事が多い。時代に合わせて内容を見直し、伝説は伝説として、近年の仮説も併記し、若い人達が考える機会を作るべきだろう。教育委員会とかも、昔の偉い先生に忖度するのが優先なのかと思ってしまう。


 ちょっとヘビーな話になったが、今回はここまでとしよう。じゃ(蛇)!



スポンサーサイト



Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。