fc2ブログ

今年最初の自転車散歩は、また小浜

サるくリング~自転車散歩
01 /17 2014
2014年最初の自転車散歩はどこに行こうかと
色々考えた挙句、結局いつもの小浜に決まり。

2014年1月4日
諫早の自宅から出発。国道57号線を東へ。

自転車は、持ち主が寒くて乗らないために
私が実効支配中の折りたたみ小径車。

諫早から小浜方面へ向かうルートは色々あるが、
今回は57号線を小野小学校から右折し、森山町の
井牟田を通って国道251号に出る道を選んだ。
P1040015A.jpg

このコースは交通量が少なく、のどかな風景の中を
気楽に走れる。

最初の短い登り坂の先、左側に岩戸山の巨石。
観音堂と諫江八十八ヶ所の札所がある。
P1040025A.jpg

さらに進むと宗方町の下溜池。
もう少し登ると、上溜池がある。判りやすいネーミングだ。
P1040027HA.jpg

ここは諫早の各地に近年設けられた十二支公園の
ひとつで「巳」に宛てられている。
P1040041A.jpg

十二支公園は、山の中など何もない処が多いが、
ここにはトイレも自販機もある。

吊り橋もあり、奥にも散歩道やキャンプ施設があるようだ。
桜の木も多く植えられ、春は賑わうのだろう。
P1040032A.jpg

分かれ道。どちらからでも森山に着く。
今回は真っ直ぐ進み立石地区を経由。
どちらも峠越え。険しさはあまり変わらなかった。
P1040043A.jpg

森山町井牟田地区
周囲を山に囲まれた広い田んぼ。隠れ里のようなところ。
P1040054A.jpg

井牟田の南端にある溜池。
季節毎、何かイベントがある毎に地元の有志が
趣向を凝らした飾り付けをする事でちょっと有名。
P1040051A.jpg

溜池から東へ進んだ川口公民館辺りから尾根を越える。
短いがとんでもない傾斜の坂をグワ~~と登る。

峠を下ると国道251号線。
とれとれ旬屋とファミマ、GSなどがあるところ。
旬屋のバイキングは特筆するほどでは無いが、
料理の種類も多く、一人でも行きやすい感じ。
P1040059A.jpg

国道を東(左側)へ進み、唐比ハス園方面へ下りる。

谷底からそのまま進めば愛野展望台へ登る長い急坂。
P1040068A.jpg

昔からなぜこの辺は妙に険しいのだろうと思っていたが、
丘の全体を見ると、千々石断層の端っこである事が判る。
P1040067A.jpg

坂の手前から右折し、海岸線の平道を行く。
P1040074A.jpg

愛野展望台を真下から見上げる。
P1040083A.jpg
人間は点。居るのか居ないのかしか判らない。
ルートラボによると展望台の標高は95m。
上から落ちたら、痛いだろう。

もう修復済みだが、以前ここの道路の下の土が雨水と
波によって流され空洞になっていた。(↓資料写真)
PA060562A.jpg

さすがは島原半島ジオパーク。自然の大きな力だ。

道がよくない海岸線を走ると、千々石(ちぢわ)の
海水浴場に着く。釣りも出来るので年中誰かいる。
崖の下が今走ってきたところ。
P1040092A.jpg
釣りはやらないが、春秋は半日くらいポケーと
していても気持ちがよさそうだ。


防風林の奥に、「塩浜海水浴場」の文字がある。
昔はそう呼ばれていたのだろう。
P1040101A.jpg

千々石町丙(へい)上塩浜、丙下塩浜の地名が
今も使われている。

海水浴場を抜けて小さな漁港の方へ向かい、
突き当りを左へ進む。

富津方面から小浜へ向かういつものコース。

緩やかな坂を中腹の道まで登ったらV字に右折。
ここから雲仙鉄道の線路跡の道。
P1040105A.jpg

夏でも涼しい木々のトンネル。
自転車で走ると特に気持ちがいい。
P1040116A.jpg

停まってよく見るとむき出しの岩壁。大雨で崩れる
事もあるそうだ。
P1040124A.jpg

最大標高70m足らず、鉄道跡の緩やかな坂なので、
高校生ならママチャリでも越えられる。

小浜の温泉街が見えてくる。
あとはほとんど下り坂。
P1040126A.jpg

まだ行ってない小浜ちゃんぽんを食べようと思ったが
正月休みなのか、準備中の所が多い。
結局コンビニのパンを買って遅い昼飯にした。

オバマ大統領のフィギャー。今回はちゃんぽん大使だ。
P1040139A.jpg

裏通りで発見。珍しい長崎の岡政デパートの看板。
当時ものかコレクションかは判らないが、懐かしい。
P1040128A.jpg
浜の町にあった岡政は、大丸に変わり、閉店した。
高校生の時、学校帰りに岡政に寄って屋上で遊んだ
記憶がある。

友達と数人で何か食べたりした。ペットショップが
あったような気もするが別の所だったかもしれない。

ひとつよく覚えているのは、じゃんけんで負けた者は
動物の背中にまたがってスイングする遊具に一人で乗り、
他の者は遠くから見ているという遊びをしていた事。
とても素敵な想い出である。

いつもの湯せんぺいの切れ端を買う。正月なので
本物の湯せんぺいも買った。

寒い中、足湯に浸かる。寒空の下だがけっこう暖まる。
P1040130A.jpg

黄昏までねばって写真を撮る。千々石の海岸線は、
灯りが無いので真っ暗になる前に帰りたい。
P1040140A.jpg

富津の鉄道跡道路を登っていると、道端に停めた
クルマから、慌てて前方へ走リ出す謎のおじさん発見。

「私は借金取りじゃないですよ!」と言おうとしたが、
逃げた訳では無かった。

先の方で三脚を立てて夕陽の写真を撮っておられた。
ちょっとクルマに戻ったら急に陽が差してきたので、
シャッターチャンスを逃さぬよう、撮影現場まで
猛ダッシュしたらしい。

確かにキレイな夕陽だった。
P1040154A.jpg

千々石海水浴場まで戻って小休止。
日が暮れるまで座っていたい穏やかな冬の日だったが、
暗くなるとアモヨ(おばけ)が出るかもしれないので
先を急ぐ。

唐比に着く頃はもうだいぶ暗くなった。
P1040175A.jpg

愛野方面へ上る。
もう暗いので愛野から島鉄で輪行する事にした。

愛野駅に到着。時刻表を見る。
18時14分の急行がいる。

サイコンは10分位進んでいるので、実際は18時12分‥
遠くから、ぷぁ~ん、ごとごとんと列車の音。

折り畳み車だが、さすがにこれは間に合わないので
あきらめる。次は30分以上待ち。

30分あればかなり先まで行くので、結局自走する。

森山から小野までの古い国道は道が狭く荒れていて
夜はオバケよりも恐ろしい。だからと言って歩道が
安全な訳でもない。トラックが後で抜けずにいるので
歩道によけると、歩道の幅もすごく狭くて車道に落ち
そうになる所もある。

最後にまたやっちまった。

諫早バイパス小川町の大きな交差点を避けて歩道を
走っていると、前方に歩行者が来たので、リンガー
ハットの敷地に入って避けた。

また歩道に出ようとした所で、暗くて段差に気づかず
真っ直ぐ突っ込み、リム打ちパンクしてしまった。油断した。
小径車はリム打ちであっさりパンクする事が多い。
体重が重いせいなのかもしれない。

灯りの下まで押して行って、予備チューブに交換する。
クイックハブでは無いので板スパナを持ってきた。

さっさと交換して空気を入れる。空気入れをはずした
途端、バルブからプシューと全部抜けた。

英式バルブの虫ゴムが切れていた。またやり直し。

やっとの事で帰宅。
愛野でおとなしく列車を待っていればよかった‥。


77kmくらい走行。あとからの体の痛みも無し。
本当にこの自転車は、よい意味で期待を裏切る。
ツーリング車としての素質が充分あると思う。
P1040100A.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
いつもありがとワン
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。