fc2ブログ

傾斜地住宅の工夫を見た

日々の事
01 /21 2014
長崎市の山の斜面で見かけた住宅の工夫。

このお宅は、道下に家があり庭に駐車場を作れないため、
鋼材の柱を建てた上にコンクリートの駐車スペースを
設けている。ワンオフなので価格も相当なものだろう。
DSCF0054TA.jpg

駐車場は地面と道路側で固定してあり、家とは接して
いない。建築上の制約があってか、クルマを置く部分は
半分が坂で半分が水平になっている。
シャコタン車は真ん中で引っかかって動けなくなる。
息子がヤンキーになったら困るだろうと心配してしまう。


こちらは段差のある土地で、駐車場の登りスロープの
真ん中に、下のスペースに降りる下りスロープがある。
階段スペースが取れず、匠が考えた末「コレだあ!」と
思いつたのだろうか。
PC220441A.jpg

バイクが置いてあったが、ポケーとしていたら穴の存在を
忘れてそのまま突っ込まないのかと心配してしまう。
ピザ屋の3輪スクーターは収納不可能。

長崎は坂の町と言われ、風情があるように思われがちだが、
実際は平地が少ないため、どんどん山に家が建っていった
だけだろう。

長崎の町を散歩すると、面白い工夫を見かける事がある。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。