fc2ブログ

消えた横島海水浴場

サるくリング~自転車散歩
01 /27 2014
高速道路の諫早インター入口の高架をくぐった所にある
JR横島第2踏切。
DSCF0269A.jpg

昔、写真の左側の奥あたりに、海水浴シーズンのみ
停車する臨時駅があった。横島駅と呼ばれていた。
PC150281A.jpg
駅の詳細を伝える資料はなかなか見つからない。

P8100202TA.jpg
(略地図 諫早史談より)

踏切から海に向かって進み、現在の新しい広い道路を
横切り竜宮橋を渡った左側に、横島海水浴場があった。
DSCF0234A.jpg
橋には、架け替え時の昭和五十九年七月、反対側には
市道横島海水浴場線と記されている。

当時はすでに廃止されていたのだが、呼び名だけは
残したのだろうか。

堤防の上は草が生い茂っているので、「ハマグリ
とってんじゃねえよ」と書かれた立て札の所から
浜に降りて進む。満潮時は泳いで行く。
DSCF0228A.jpg

1970年代に、開発による水質悪化で閉鎖されるまで
遠くからも海水浴客が大勢来て賑わったそうだが、
当時の名残りらしいものは、殆ど残っていない。
DSCF0196A.jpg
地元の知人の話では、当時は砂浜が広がり、足先で
砂の中のハマグリを掘る事も出来たと聞いた。

奥に行くと岩場。岩には貝がびっしり。
一枚岩は波に削られて穴だらけ。
DSCF0200A.jpg


これは昔の横島海水浴場の様子
P8160255TAA.jpg
小さくて見にくいが、子供たちがしめている
お・ふ・ん・ど・し が時代を物語る。

左の写真の方角 あまり変わっていない。
ものすごい数の鴨が浮かんでいたが、ゆっくり
近づいたら、ゆっくり沖へと逃げていった。
DSCF0221A.jpg
人が触らないこの入江は、鴨たちの最後の楽園
なのかも知れない。

右の写真の方角 対岸は現在の久山港。
DSCF0202A.jpg


30年以上前、諫早へ引っ越して来た高校生の頃、
自転車で探検していて海の家の廃墟を見つけた。

壁も屋根も朽ちかけた木造の小屋は、ペンキの
案内文字も褪せて消えかけ、荒れ地の草むらに
埋もれていた。

なかなかよい廃墟っぷりだったが、当時カメラは
高級品のため、残念ながら写真を残せなかった。
閉鎖されてから、まだ10年経たない頃だった。

これは何と呼ぶのかは知らないが、レジャーボートを
ウインチで陸に引き上げて格納するドック架台のようなもの。
DSCF0198A.jpg
閉鎖後に設置されたものだろう。実際に載せてあるのを
見たが、今は打ち捨てられて朽ちるがままになっている。

久山港側からみた横島。奥は大村の三浦地区。
DSCF0238A.jpg

この辺りでは現在もハマグリの養殖をしているらしい。
ハマクリにも見える。別の海洋生物なのかも知れない。
DSCF0241A.jpg
諫早警察署は密猟者にかなり怒っているようだ。
血管マークと文字の勢いで判る。


今、この近辺の海岸で、自然の地形をそのまま
残している所は、もうこの横島だけになった。

公園のように整備して末永く残せないものだろうか。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
押してほしくなど無いことも無い

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re: 横島…

ジェイル様

ご訪問ありがとうございます。
貝津周辺も大きく変わりつつあります。
私の見慣れた散歩コースもだんだんゴチャゴチャした
風景になってきました。

今年の1月9日の記事にも近辺の様子を載せています。

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。