fc2ブログ

赤いテレフォンボックス

日々の事
03 /01 2014
'80年代後期くらいのものだろうか‥。
DSCF0908TA.jpg

赤いテレフォンボックスの貯金箱
入手経路はまったく忘れたが、もらいモン。
先日、実家の押し入れを片付けた際に
闇の封印が解かれ、長い眠りから醒めた。

細かい所まで手を抜かずに作られている。
中の部品の再現性も高い。
DSCF0913A.jpg

床面を見ると、MADE IN JAPAN の刻印。
やはりそうか‥。

エゲレス国のドンドンの公衆電話を模したものだが、
日本がバルブで元気だった頃、実際リゾット地等に
設置されていたようだ。
(ふつうに言えんのか)

携帯電話が普及してから、電話ボックスは
めっきり少なくなった。

赤電話なんぞは、こんな田舎でも見かける
事は珍しく、あったら記念写真を撮るほどだ。

高原の赤い電話BOXで聖子ちゃんとトシちゃんが
出逢う、グリコかゼリコかのCMがあったのを
思い出した。
(ゼリコはなかろう)

貯金箱はそれから出回ったのでは無かったか‥。

いろんな歌に"電話ボックス"は出てきた。

吉川晃司のモニカという歌にもあった。

♪アッキャウィデワバックソッ、ナキャキャリャ‥
うかつに真似をすると舌を噛み切った。

"ダイヤルをまわす"というのは完全に死語。
ジーコが、ジーコジーコ電話をかけると
言っても、若い衆には意味不明だろう。
(はいはい そーですね)

最近はスマホとやらが最もナウいそうだが、
うちには関係ない。ケータイで充分だ。

聞いた話によると、スマホーにはボタンが
全然ついて無いらしい。
つけ忘れたのかケチッたのか‥
フッ、そんなモノで電話やメールが出来る筈がない。

しかも、使い終わって二つに折り畳もうとすると、
バキッと割れてしまうそうだ。

やはりそんなもの要らんっ!
会社の休憩時間はパソコンが使えるし、通勤は
クルマ。外でスマホを使う機会もない。
第一、通信料がムダに高過ぎる

たまに、安いのか?と食いついても、よく見ると
変な条件がついていてインチキなのが多い。

でも‥、
月々2,500円だけなら、是非!是非!欲しい。

(結局ほしいんかい)


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
エマニエル坊やはどうしていますか?

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。