fc2ブログ

さよならキャンディー

日々の事
03 /06 2014
しばらく前までは、食べる飴と言えばノンシュガーの
カンロフルーツのどあめと決まっていた。

お菓子は食べる方だが、口の中がずっと砂糖まみれで
甘々だと気持が悪くなる。

しかし、人にもらえば少しは食べる。
ある時、カバヤのミルクキャンデイを恵んでもらった。
残業で腹が減って減って切なくなり、食べた。

うまかった!
思わず英語で叫んだ。 「Horse Win!」
砂糖甘々ではなく牛乳の濃厚なコクが、馬車馬のように
働かされて疲れきった私を、ネバーランドへ連れだして
くれた。

その味が忘れられなくて、あちこちのスーパーで探した。

同じものは見つからなかったが、ドラッグコスモスで
2013年、カバヤの牛乳キャンディを発見した。
プライベートブランドで、一年中88円だ。
PA020031A.jpg

早速買って食べてみる。

もらったものとは違ったが、これはまた抜群の味!
とても自然なミルク味で、甘すぎず濃すぎずちょうど
いい。

30年間、求め続けた味だった。

東京、ニューヨーク、上海、ロンドン、パリ‥
世界中を探し歩いたが、Googleストリートビューでは
見つけられらなかった。


仕事が忙しいと、21時閉店のコスモスに行けないので
買いだめして並べ、夜中に見てイヒヒヒと笑った。

通常、夏はお菓子などあっち行けフーン!なのだが、
あっさりしているので、暑くても食べられた。
貴重な存在だった。

仕事で親方に叱られて、胃がキュウウーとなりそうな時も
にゅうにゅうキャンデーがあれば、現実逃避できた。

もろちん、自転車散歩にも携帯した。
轟峡行きでサイフを忘れて20円しか所持金が無く
お茶ひとつ買えなかった時も、これがあって助かった。

とにかく、ここ最近で一番のお気に入りだった。


そんな牛乳キャンディのパッケージデザインが
新しくなっていた。
DSCF1139A.jpg

いつものように買って、きょう会社に持って行った。

袋を見るが、何か様子がおかしい‥。

"濃厚でコクのあるジャージー牛乳を‥"
こんな事、書いてなかったけどなぁ‥

喰いカスの袋が机に入っていたので比べたら
明らかに違っていた。(捨てんかい)

今までのものには、"すっきりした味わいの‥"
まるで正反対の事が書いてある。

ものすごく不吉な予感がして、袋の裏を見た。
自分の袋の裏では無い。(わかっとる!)

原材料も栄養成分も、別人になっていた。
DSCF1138TA.jpg

もしかしたら、いつかもらったあの美味しい
牛乳キャンデイになったのか?

淡い期待は裏切られた。
まったくもって中途半端な濃さで、水飴の
味しかしない部分のあと、バターの匂いと
塩気だけで、何の味かよく判らない。

早い話が、全然うまくなかった。

"うまくなかった"と言うのは、これまでの
感謝の気持ちがあるので、抑えた表現だ。

まれに見る改悪。
何故、方針を180.2度転換したのか解らない。

濃厚なミルク飴の美味しいのは幾らもあるが、
このキャンディーはオンリーワンだった‥。


そは遥けき蒼穹の彼方へと旅立てり

残されし我は今宵も幻の君を求めて彷徨ふ

あゝ円き白きその姿ほのかなかほり 

再び遭ふ時はただ夢の中のみか

さやうなら愛しきにうにうきやんでい


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
はいはい ざんねんざんねん

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。