fc2ブログ

岩戸観光ガーデンで昼食と森かげの散歩

日々の事
06 /17 2014
2014年5月31日の日記

島原方面へ用事があり、家内とふたりクルマで出かけた。

途中で昼食をどこにするか考えながら走ったが、特に何も
思いつかない。どうせならンマーイものを食べたい。

森山バイパスの高架に乗ってしまってから、千々石のそばか、
小浜ちゃんぽんは?と家内が言い出した。

スンゲー遠回りになるので聞こえない振りをしてそのまま進んだ。


持ってきた雲仙市のパンフレットを見ると、北目の方は
お菓子はいろいろ載っているが、食事はこれと言って
食べてみたいものが見当たらない。

島原まで我慢して、この暑い中、具雑煮を食べる気にもならない。

結局、瑞穂の山の中にある岩戸観光ガーデンに行くことにした。

登る途中に牛がいた。
晩飯に持って帰りたかったがクルマに載らないのであきらめた。
DSCF2866A.jpg


道端のそうめん流しのノボリを頼りに到着。
DSCF2873B.jpg

前の週に登ったやまめの里と同様、そうめん流しと
川魚の塩焼きが食べられる山の渓流沿いの避暑地。

夏は大勢の川遊び客で賑わう。

ここもまだ今の時期は客が少ないようだ。
DSCF2871A.jpg
流しそうめんテーブルは半分以上使われていない。

かえって今頃の方がゆっくりは出来る。

屋外の席がいいだろうと思い、空いているテーブルを
探すのだが、先にいた家族連れの中のオッサンが、
近づくたびになぜかこっちをガン見する。

目を見開いて上体を90°ひねり、正面からガン見する。

試しにちょっと隠れて現れたら、またガン見する。

イラッとするので、「アッ!」と言って木の上の方を
指さし、オッサンが口を開けて見ている間に退散した。

変なやつには近づかない方がいい。
やぶ蚊にも喰われそうなので座敷で食べることにした。

1,500円の岩戸定食というのを頼んだ。

山魚の塩焼き、そうめん、鶏のから揚げと、おにぎり、
ごぼうの煮物。すべておいしかった。量も充分。
DSCF2868A.jpg

そうめん流しの代わりに氷水の入ったガラス鉢が出された。
DSCF2870TA.jpg

家では皿から直接そうめんの固まりをつゆ鉢に取るが、
こうすれば涼しげになっていいかも知れない。

違いがよく判らないが、ここの魚はニジマスらしい。
ネットで調べたらニジマスよりヤマメの方が味は上と
言われているようだが、充分ウマシャスだ。

最初、1,500円はサービス込みの観光地価格と考えて
いたが、決して高くはなく、満足できた。


毎度ウマイウマイと言うと、味の分からない田舎者と
思われるかも知れない。だが、今まで食べログとかに
ダマされて、うまくないものもケッコー食わされている。

うまくないものは、営業妨害と言われるので書かないだけ。


せっかくなので、腹減らしがてら岩戸神社へ散歩する。
DSCF2877A.jpg

すぐ近くだが、ずっと登り道。
DSCF2879A.jpg

町では見ない植物。
DSCF2907A.jpg

ニの鳥居。 ここからの急な石段は迂回して坂道を
通った方が安全。下りは特に。
DSCF2884A.jpg


去年の12月に自転車で来た時もいい雰囲気だったが、
今は緑に覆われ、さらにパワースポットらしさが増している。
DSCF2886A.jpg

奥の拝殿の後ろは大きな岩。
DSCF2889A.jpg

右下に降りたところには、水神様と山神様らしき祠。
DSCF2891A.jpg
手水には高い岩の上から清水が落ちている。

拝殿と反対方向  そろそろ下界へ戻ろう。
DSCF2900A.jpg


このあと、島原方面まで走ったのだが、たぬき山
まんじうを買い損ね、用も無いのに百花台公園の
上~の方の道へ進み、結局スンゲー遠回りをした。
DSCF2912A.jpg

さらに多比良でジンギスカン肉を買うつもりだった
のだが、クーラーや保冷剤を忘れたので断念。

山のパウワーと満腹をおみやげに、家に帰った。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
お付き合いならびにポチありがとうございます 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。