スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖裁魅神の封印を解く! (ミシン出しただけ)

自転車散歩で使うバッグとかを、自作出来ればと時々思う。

自作なら、妥協なくピッタリサイズで作れ、追加や変更も可能だ。

輪行で使う小物やちょっとしたバッグなどを買うたびに、
材料があれば作れそうなのになぁと考える。

貧乏ヒマ無しなので、今のところは買った方が早いが、それも
スキル次第。

この際、ボケ防止とリストラ対策を兼ねてミシンを覚えよう。

うちにも一応、小型のミシンがある。以前、何かのイベントの時に
もらったカタログギフトから家内が選んだもの。
SD9000_1A.jpg

好きなものをもらえと言ったのだが、ハイカラなかぱんでも真珠のピラフ
とかでも無く、ミシンを頼んでいた。 えらいっ!


中国製ではなく台湾製なので、急に爆発したり、針が飛んできて
肛門に刺さったりはしないだろう。 よし、まずは安心。

最近は便利な世の中になったもので、スソ上げとかもアイロン
出来るため、ミシンもなかなか召喚される機会が無い。

家内も趣味で縫い物はしないため、ほとんど新品同様で押入れの
奥に眠っている。

一体、何のために選んだのだろう‥  


私もミシンなどは、はるか昔の弥生時代ぐらいにほんのちょっと
遊びで使ったきり。それも準備してもらってテケテケ縫っただけ。

今回はゼロからのスタートだ。 

謙虚な心で、いつもの軽口は叩かず、ただ無心に勉強しなければ!

まずミシンの語源を調べてみた。バテレンの国ではミシンとは言わず、
sewing machine(ソーイングマシン)と言うそうだ。
日本ではマシンのに変化して、ミシンになったらしい。

「俺のミシンで海に連れてってやろうか?」←バカみたい。
「ミシンハヤブサ」←ぜんぜん速そうな気がしない。
「ミシンガン・ジョー」←う~ん、あんまり怖くないなあ。


☆ミシンの仕組みを確認しよう。
DSCF4831A.jpg

カム機構のタイミングにより、上糸と下糸を針で生地に通して
絡ませ、同時に生地を先に送ることで縫製していく。

う~ん。よく出来ている!

中に小さいお針子さんが住んでいるのでは無かったようだ。
弁当を入れるための小窓が無い。

☆ミシンを使えるようにセットアップ。

まず、「ボンビ」と言う、情けない名前の部品に糸を巻き付ける。
DSCF4832A.jpg

電動で巻いてくれるので、奴隷を使って巻く必要は無い。
人道的にも配慮されているようだ。
DSCF4818A.jpg

ボンビを、ボンビーケースに入れ、糸をそびき出す。
DSCF4821TA.jpg

そんでもって、針の下の所にある、カマという部分に、
「どんだけ~ 言うよね~」と言いながらセットする。

ここから出てくる糸が、下糸になる。
DSCF4823A.jpg

上糸は、本体の裏側から、あっちこっち丁稚を通って表側に廻り、
縫い針の穴に通す。途中で間違えて炊飯器や洗濯機を経由しない。

針を下に降ろして上げると、上糸に下糸が掛かって出てくる。これで準備KO!
DSCF4825A.jpg

布の種類とかで、いろいろ調整をしなければならないらしいが、
私にそんな忍耐力は無い! 
とにかく、ハギレを少しだけ縫ってみた。

DSCF4829A.jpg

できたできた。これでひと安心。

やれやれと寝っ転がったら、そのまま五島行きの舟を漕ぎ出していた。

「クーラーは悪魔の家電」と言ったのは、リトルリチャードだったか‥


第一日目は、試し縫い10センチで終わった。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
絶対続かない方に三千点。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ramblingbird

Author:Ramblingbird
長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。 

記事一覧
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
↓よろしかったらランキングにご協力をお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。