スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動不足なので島原へ走る

運動不足解消に自転車で走ることもあるが、大抵は路上の誘惑に負け、

いつもすぐ、散策・観光・古跡調査などになってしまう。

11日の土曜は ダーティーカビサビ号運動のため島原方面へ向かった。
DSCF6215LA.jpg

三連休だったが、日曜は長崎なんばらばんばん国体の飛行機を見る
予定だし、月曜は超大型台風が上陸するのでお出かけ不可能。
仕事は残っていたけど、土曜日に行くしかなかった。
DSCF6166A.jpg
(枕木って、こんなにアッチャコッチャ向いてていいモンなんだろうか‥)

北風がけっこう吹いているので、危ないようなら裏道と歩道を走る。

今回は意外と車道走行でも大丈夫だった。


森山から吾妻にショートカットする高架道路の、森山側の入り口は
暫定的なもの。最終的に島原から高速の諫早インターまでつながる。
DSCF6175A.jpg

諫早平野と多良岳の眺めがよく見えるような設計でお願いしたい。
DSCF6173A.jpg

新しい道路は、島原半島の発展に大いに役立つだろうか。小浜・雲仙も、
高速インターから近くなれば観光客が増えるかもしれない。


さて、きょうは自転車なので、いつもの旧道を通る。
DSCF6182A.jpg

橋の欄干が壊れている。 国体には関係ないので修理してもらえないのだろうか‥。
DSCF6207A.jpg


今回初めて知ったが、この堤防道路は「コスモス夕陽散歩道」という
プリチーな名前がついている!
DSCF6214AA.jpg


DSCF6219A.jpg

秋のこの時期に通らなければ、あと十年くらい気付かなかったかも。
DSCF6208A.jpg

孫と一緒に稲刈り。 孫はすでに飽きているようにも見える。
DSCF6225A.jpg

今年はあちこちで倒れた稲をよく見かけた。


自転車で島原方面へ行くには、山の農道は険しいので海岸沿いの
国道を走るのが普通だが、私はその裏道を通る。

クルマが少なく安全なのはもちろんのこと、坂も少なくて楽ちん!
何よりも古い町並みや風景を見るのが楽しみだ。

結局、運動する気はあまりないのか‥。


吾妻の阿母崎で、最初の上り坂の手前で左折。田んぼ道を進む。

多良岳山系を背景に、吾妻の田んぼ。だだっ広くて気持ちがいい。
DSCF6231A.jpg


諫早湾干拓堤防道路近くの寂しい海岸。有明海の干潟の色だ。
カラスしかいない。
DSCF6254A.jpg


潮干狩り中止のお知らせ。バレンタイン中止のお知らせのような物悲しさだ。
DSCF6257A.jpg

この辺りでは何かの養殖をしているようだ。
DSCF6264A.jpg
イソギンチャクだろうか‥。

龍馬が歩いた道というのは、看板はよく見るが観光案内を見ても
全貌が今ひとつ判らない。
DSCF6259A.jpg


看板を頼りに進んでもすぐに見失い、あきらめた頃にまたある。
結局、正しい道を通ったのかどうか判らない。
DSCF6270A.jpg


神代(こうじろ)の道沿いに並ぶ、金刀比羅神社と牛馬主宰之神。
DSCF6279A.jpg

DSCF6278A.jpg


金刀比羅さんは漁師や船乗りの神様だが、牛馬主宰之神というのは
聞いたことがない。これは早速調査だ。

拝殿の建物の奥に、露天の石造り神殿。
島原の神社は、小さくてもこの形式が多い気がする。
DSCF6284A.jpg

牛馬主宰之神(ぎゅうばしゅさいのかみ)の神像。
DSCF6289A.jpg

見たところ、三面の牛馬(馬頭)観音が神様の姿に変化したようだ。
偏袒右肩(へんだんうーけん)になっているのでそう思った。

観音様が神様に変化することは、とくに不思議なことでは無い。
元々は観音様も、外国の神様だったという話だ。

詳しいことは調べてみないと判らない。

ただ、路傍の馬頭観音は、家畜の減少によって、祀られることが
少なくなったのは事実。神様になったことで、立派な社に鎮座して
これからも祀られるであろうことも事実。

国見あたりで、砂利の広場に人が集まっていたので、何か食べ物でも
もらえるのかと思って停まったら、長崎国体の馬術会場のようだった。
DSCF6295TA.jpg
この日はまだ、開会式の前日だったので準備中。

自衛隊も協力しているらしい。
DSCF6294A.jpg

残念ながら馬刺しは出なかった。

多比良港に熊本からのフェリーが到着する。
DSCF6304A.jpg

島原半島を自転車で走るため、熊本からフェリーで来る人もいるそうだ。
一周110キロくらい。海岸沿いの自然の風景が素晴らしい。


また裏道へ。
DSCF6317A.jpg

裏道も一本では無い。前回と違う道を走ると、新たな発見がある。

ここは酒屋さんだったのだろう。表には閉めた時そのままのような荷物が。
DSCF6312A.jpg

小さいが小ぎれいな商店と薬屋さん。新しい店の割には庇が低い。
リフォームしているようだ。よく見ると中には古そうな柱。
DSCF6314A.jpg


海辺の町で見つけた江崎神社。
DSCF6324A.jpg

拝殿が、公民館と一体化している。江崎神は、氏神様なのだろうか。

神像は、四天王のように邪気らしきものを踏んづけている。
強い神様のようだ。
DSCF6325A.jpg

と、そこへ島鉄登場。

おお、こ、これはッ!!
DSCF6332A.jpg

幻の二両編成!! 本当に存在していたんどァ~!!

しかも、そこそこ乗客も乗っている!
長崎サンバルンバ国体で、人の移動が増えているのだろうか。

う~ん、イイ感じだ!がまださんば~島鉄!!


さらに裏道を進み、商店の自販機でリアルゴールドを買う。
いつもの中間ドーピングだ。

ところが出てきたのは、金色のジョージア。いらーん!

店に入って交換してもらい表で飲んでたら、店のおばちゃんが
出てきていろいろ話をする。国体の事から始まって島鉄の話、
昭和天皇が来られた時に国道が出来た事や、甥っ子が単身
スポーツ留学する話‥。

これも私の自転車散歩ではよくある事で、話に大輪の花が咲いて
なかなか先に進まない。

昔のことが知りたい時は、自分から地元の年寄りに聞くのだが、
まず生い立ちから話し始める事が多いため、時間の余裕が必要。
年寄りはたいてい話好きだ。

今回は島原の武家屋敷でも見て帰ろうと思っていたが、もう夕方。

市内は、普通に古い屋敷が並んでいる。
DSCF6342A.jpg

町なかで、とても積極的なお食事処を発見!
DSCF6344A.jpg

客が来ず、ものすごく必死なのかと思ったが、有名店らしい。
一度具雑煮を食べにいってみよう。

島原城でもいろいろイベントをやっているようだ。
DSCF6346A.jpg

だがきょうは、他に寄るところがある。
DSCF6349A.jpg

多比良港まで戻り、うまーいと評判のジンギスカン肉を買う。
500gだが、たっぷりタレ漬けなので、家で計ったら900gもあった。

島原半島ではジンギスカンはソウルフードらしい。


そのまま島鉄輪行で帰ろうと駅に行ったら、時間が中

もう少し走ることにした。きょうは一応、運動ですから。


島鉄の踏切は、道路を斜めに横切っていることが多い。
ここは特に角度が大きい気がする。
DSCF6351A.jpg

14インチの小径車だと、ぽや~んとしていたら前輪がハマりそう。
出来るだけ直角に進入するか飛ぶかしなければ。

薄暗くなってきたので、ライトをつけようと手を伸ばしたら、

無かった‥。

「ああ~っ!!どっかしらンで落っちゃかしたァ~!」
(※注!長崎弁:どっかで落とした~)

そういえば、固定クランプが段々ゆるくなっていたような‥。
フロントバッグの下に付けていたので、気付かなかった。
田んぼのあぜのガタガタ道で何か音がした気もする。

念のため持って来た予備のライトをつけて進む。
しかし暗くて路面がよく見えない。国道では歩道に避難だ。

路面に注意しながらゆっくり走るのは神経を使って疲れる。
吾妻駅で断念して、輪行で帰った。
DSCF6355A.jpg

明るければそのまま家まで走る程度の距離なのだが仕方ない。
ジンギスカン肉が傷んで下痢ピー音頭になっても困るし。


この日の夕方、諫早では国体の開会式に出席される両陛下を、
市民が提灯を振ってお迎えする提灯奉迎が行われていた。
DSCF6353R2A.jpg

駅ですれ違う諫早方面からの列車には人が大勢乗っている。
ワオ!こんなに混んだ島鉄はなかなか見られないかも。
写真が無くて残念~!


諫早駅はまだゴッタ返しているかもしれないので、ひとつ
手前の本諫早駅で下車。

諫早公園あたりも、もう人は帰ったあとで、いつもの寂しい
諫早の町に戻っていた。


走行距離 82km。ほぼ平地だが、そこそこ運動になった。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
いつもありがとワン! (犬とお思いでしょうが、残念!犬はしゃべりませんからねぇ)
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

あららら・・・

ライトば落っちゃかしたら危なかねぇ・・・
まーた、頭からでんぐり返しで自転車が「一本!!」てなるた~い。

てか、見れば見るほど島原はよか街やね・・・
あ、具雑煮!!
島原の具雑煮、大好きさね~❤
実家の雑煮は、白菜と蒲鉾とお餅だけやったけん
具雑煮に憧れたな~。
自分で作るのは・・・めんどくさかけどね(ーー゛)

あら~、お年寄りと話しするときは生い立ちから現在まで
しっかい聞いてあげんといかんよ~。
80年分とか90年分とか・・・プッ^m^


Re: あららら・・・

無くなったのは、持っている中で一番明るいライトだったので
庭にお墓を作って菩提を弔おうと思います。
戒名は、激明照光安門居士です。

以前は結構近くに具雑煮の店があったのですが、無くなりました。

最近「具雑煮も長いこと食べてないなァ」と思いましたが、真夏の
ことだったので、さすがに食べには行きませんでした。

島原城の裏のナントカという店が有名らしいです。

地元の年寄りの話は、なかなか貴重なもので、本に載っていない
意外な話を聞くこともよくあります。

畑で草取りをしていた87歳の元気なばあちゃんと話した時は、
結局、一時間以上、立ったまましゃべっていました。

元気な年寄りだからよかったのですが、中には生い立ちの途中、
戦争の話とかでコーフンして「ウッ!」と言って旅立ってしまう
人もいるかと思いますので注意が必要です。

AEDを背負って行ったほうがいいかもしれません。

プロフィール

Ramblingbird

Author:Ramblingbird
長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。 

記事一覧
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
↓よろしかったらランキングにご協力をお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。