fc2ブログ

【地名散歩】飯香浦(いかのうら) 長崎市飯香浦町

長崎地名的散歩
12 /29 2015
長崎県には、あちこちに神功皇后伝説がある。

長崎市飯香浦(いかのうら)町もそのひとつ。

茂木に上陸した皇后は、三韓(朝鮮)の見える場所を
探して、こしき岩のある日吉方面の山に登った。

家来が昼飯の米を炊いたので、その香りがふもとの
集落まで漂ったというのが、飯香浦の地名由来譚。

伝説というものは、一見して事実とは思えないような
話が多いが、これはこれで、昔の人々が何を信じて、
何を喜び、何を恐れたかを知る為の大切な民俗資料だ。

ここでは、本来の地名由来を調べ、考える事によって、
昔の人の心情や考え方の一端を探ってみたいと思う。


では、参ろう。

飯香浦町は、網場と茂木の中間に位置し、橘湾に面する
海岸部から日吉の山の上までの広い地域。
SDSCF4909.jpg


イカノウラとは何のことか?

これだろうか?
SDSCF7945.jpg
いや、ちょっと違う気がする‥。

ウラは、とも書き、地名では地形の終わりの部分を指す。
すべてがそうでは無いだろうが、納得できる場合が多い。

海の「浦」は、沖から見て、海の終わる部分という事らしい。
(古代地名語源辞典 楠原祐介編より)

海のそばなので、海岸のであり、その付近から開けたと
考えるのが自然だろう。

では、イカとは何か。

イカがたくさん捕れた訳では無く、イカ臭~い訳でも無い。

地名のイカは、厳ついのイカで、険しいという意味がある。

イカのウラは、険しい山が迫る海辺の村、といった所か?


長崎はどこも険しいのだが、ここは確かに、
険しかったああぁ~!!

先日、飯香浦を見て回った時、この町の氏神様である
山の上の日吉神社を訪れた。
SDSCF4911.jpg

県道の下にある一の鳥居から、緩やかな石段を登ると、
SDSCF4929.jpg

崖の上へ続く参道と、二の鳥居が見える。
SDSCF4930.jpg

県道に分断される前は、まっすぐ道が続いていたようだ。

日吉神社は、神仏習合の大山咋(おおやまくい)神を祀る。
以前は山王権現社と呼ばれていた。

参道の古い石段は、削れてカドが丸くなり、形も
あっちゃこっちゃ向いていて、スゲー歩きにくい!
SDSCF4935.jpg

けっこう傾斜もキツく、息が切れる。

足元の木の枝を端に除けながら、慎重に登ってゆく。

倒木が道を塞いでいる!
何年も人が通っていないのでは無かろうか?

石段は、だんだんと角度を増し、垂直に近づいてゆく!

まてまてっ!これはもう、階段では無かろう!
SDSCF4936.jpg
ほとんど崖~ッ ! ! ! !

足を置くスペースも無く、石そのものが大きく傾斜している!

振り向くと、奈落の底!クラクラクラ~ッとする!
SDSCF4937.jpg

ドリフのコントで、階段がいきなり坂に変わって
下まで滑り落ちる、あのシーンが脳裏をよぎる! 


あ!

ズルッ、と、足が滑った。

お、落ちるっ!!!

その瞬間、私は素早く四足歩行モードにチェンジ!
覚醒したエヴァ初号機
のように、四つん這いで、
モーモー吠えながら、石段を必死によじ登った!

神社の石段をよじ登ったのはこれが初めてだ。
そして、おそらくこれが最後になるだろう。

ゼエゼエ言いながら手のひらの泥を落とし、参拝した。
SDSCF4938.jpg

神社の裏を見ると、車道と広い駐車場があった。

帰りはもちろん、そっちを通ったわい!


しかし冷静に考えると、飯香浦は険しくはあるが、他の町と
くらべて、特別険しいとも思えない。
SDSCF4960.jpg
長崎では、まあフツーの険しさだろう。

飯香浦は、イカつい地形からついた地名なのだろうか?


日吉神社の参道あたりから、つづら折りのせまい道が
海岸の方まで続いていて、ここを路線バスも走っている。
SDSCF7478.jpg

最近、県道の新しい区間が開通したため、この旧道を
通るクルマもだいぶ減った事だろう。


ひとつ、大事な事を忘れていた。

そうだ!ここの海岸は、スゴイ海蝕崖だったはず。
行ってみなければ!
SDSCF7483.jpg

ここを訪れるのは、何十年振りだろうか。
SDSCF7487.jpg
新しい県道の高架橋も、とんでもない高さ!

コンクリートの細い道路が海岸沿いに続いている。
ここに来るのは、釣り人くらいだろう。
SDSCF7501.jpg

間近で見れるので迫力がある。
SDSCF7505.jpg

入江の端から端まで、切り立った崖。
SDSCF7508.jpg
(いい写真が無ぁあ~い、天気がぁ~、時刻がぁ~)

潮見町と同じで、特に神仏を祀っている様子は無い。
SDSCF7512.jpg

奥は行き止まり。何かの養殖場のようだ。一体何だろう?
SDSCF7516.jpg
ダイオウグソクムシ、だろうか‥。   (エビやエビや!)

海岸は、観光のために整備している訳では無いらしい。
SDSCF7517.jpg

崖の岬の向こうは、大田尾町。その先は、潮見町。
SDSCF7518.jpg
(写真がぁ~)

う~ん、やっぱりココも、なかなか厳(イカ)つい所!

長崎は海蝕崖だらけで、もっとデカスゴい崖も多いのだが、
入江の周囲を険しい崖が囲んでいる所は少ない気がする。

イカの浦は、この海岸の崖のことを言ったのかもしれないし、
山の険しい崖地まで含めてのことだったかもしれない。

あるいは、ぜんぜん別の意味があるのかもしれない。

SP2040115.jpg

しかし、古い時代に、初めてここを訪れた人達は、この
イカつい自然の造形に、魚ギョーッ!と驚いて、
イカすぅ~!と、言ったかもしれない。   (ま、まさかの糞ダジャレ‥)


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
今年はきょうで仕事おわり!永遠に終わりならいいのに‥

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

いらっさったとですか~?

ブログ再開ば首ばなご~してまっちょりました~。
次はきっと茂木まできてくれらっしゃるとでしょ。
ぶっかけおっかけばするけん告知してくださりまっしぇ。

Re: いらっさったとですか~?

お久しトランクス!

お便器でしたか、うちはTOTOです。

長いこと、ひきこうもりっておりましたが、復活しました。
現在はゾンビですが、またよろピくお願いします。

ちょお~ど昨日、めがし大橋んニキに行く計画をおっ勃てとりまして、
以前の散歩記事をガン見しとりました。

茂木は、10月にみやじゅりに行った時にちきっと寄って、木の上の
宇宙生物などを見ましたばってんが、見る所がおおして見きれず、
近々股イカんばて思うちょります。

自転車で茂木街道を走る計画もしよっとですが、どう考えても峠を2回
越えにゃんならず、ちょっちゅちゅうちょしとります。

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。