スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒木ィ~越ォえぇ~

一年以上も前に書きかけてオクラ入りしていた話を
今さら仕上げて出す私! (またか)

黒木越え  2014年10月19日(日)の自転車散歩記録

晴れたので、諫早から大村の444号線を萱瀬(かやぜ)ダム
方面へ登り、峠を越えて佐賀の鹿島まで行くことにした。
帰りはテキトーな駅からJR輪行で戻る予定。

ここは嶮しく、自転車では途中までしか登ったことがない。
このルートを走破すれば、白地図の道を塗りつぶせる。

やっている事が小学生の頃と同じなのが哀しいぞ!

今回は午前10時にはすでに出発!これでも早い方。
SDSCF6428.jpg

輪行で帰れるよう、折りたたみ小径車で行くつもりだったが、
重いオッサンが険しい登りでペダルやハンドルに体重をかけて
こねくり回すと、連結部が傷んでユルユルになってしまう。

今回は、クロス系ツーリング車で出撃した。

爽やかな秋晴れだったが、出発していくらもたたない内に
後輪が、パパパパ、パーンク!
SDSCF6425.jpg

毎度おなじみ路上修理。
SDSCF6426.jpg

チューブをはずしたら、一度パンク修理したものが入っていた。

修理済みのパッチが、だんだん高圧に耐えきれなくなり、
部分的にはがれてしまっていた。

やはり、スポーツ車はママチャリとは圧が全然違うので、
パンク修理は応急処置と考えなければならない。

新品のチューブに換えようとバッグを開けたら、これまた
修理したチューブ。ダメやんけぇえ~!

前回、新品を買い忘れていたようだ。ここで「また今度」と思うと、
同じ事のでんぐり返し。大村のイオンに買いに行こう!

きょうの自転車のタイヤは700インチの25cサイズ。

そのサイズのチューブだけが、売り切れだった。

イィヤアァアー!と叫び、床に大の字に寝転んで、
手足をバタバタさせたいのを何とかこらえた。

小さめのサイズのチューブでも一応使えるのだが、小さいものを
パンパンに膨らませて使うのは避けたい。デブだからだ。

走行中、パァーン!と派手な音をたててタイヤが破裂したら、
やっぱりね、と笑われ、動画をネットの掲示板にUPされてしまう。

仕方ないので、スポーツ車を扱っている自転車屋さんに寄って、
一番安いのを買った。

大村駅前の通りから路地を抜けて諏訪方面へ。
SDSCF6432.jpg

大村の古い住宅地には、昭和の雰囲気が色濃く残る所がある。
今度、ゆっくりまわってみよう。

産直かやぜから右折。国道444号を山に向かって進む。
SDSCF6446.jpg

途中で川向うの旧道へ。
稲も半分以上は刈入れが終わっているようだ。
SDSCF6453.jpg

古い造りの農家が点在する。
SDSCF6458.jpg

二十数年前は、この辺りに食品の移動販売バスが回っていたが、
そんな商売も成り立たなくなった事だろう。

萱瀬小学校あたりから国道に戻る。

人が集まっていると思ったら、氷川神社の秋祭りらしかった。
SDSCF6471.jpg

私の住む町は、夏祭りも秋祭りも無い。うらやましいので
何か嫌がらせをしてやろうか。 (するなよ)

川沿いに河川公園があったので日陰でパンと牛乳の淋しい昼食。
SDSCF6475.jpg

きょうは、カフエーに寄ってカリー食ってコーピー飲んでから
山越えするつもりだったが、パンクで予定が狂った。
SDSCF6473.jpg

パンクしてパン食う。もちろんつまらないさ。

休憩もそこそこに山奥へ進む。

ダル?なんじゃそりゃあ。
SDSCF6490C.jpg

あとで調べたら、「だどめ」と読むようだ。馬をつないでおく
場所のことらしい。そういう時代があったのだろう。


奥の方に、ダムらしきものが見えてきた。
SDSCF6491.jpg

「ダムよ~、ダムダム!」と独りごとを言いながら進む。

う~ん、一年以上前の話とは言え、ネタが古過ぎだろう。

そういえば「脱糞ゴリラ~、脱糞ゴリラ~」とか歌って
いたサングラスの赤い二人組も、最近は見かけないようだ。


いよいよ、ほぼ一直線にダムまで登る坂道。なかなかの傾斜!
SDSCF6494.jpg

早く登っても何ももらえないので、疲れないようゆっくり登る。

スポーツタイプの自転車だと、坂の途中で止まってハアハア
ゼイゼイしているのはカッコ悪い!

そういう時は、写真を撮る振りをして休憩する。

口をだらしなく開けて、鼻水がステレオでたれているのを
見られないよう、マスクも必要だ。


ダムの正面から放水中。もう少しで上に到着。
SDSCF6504.jpg


ダムの堤を渡り、湖を反時計回りする木陰の道を行く。
SDSCF6505.jpg

道はせまく、奥の方は木が茂って日が当たらず湿っぽくて薄暗い。
幽玄というより陰鬱。何かが出そうな感じ。大丈夫、屁ではない。

とにかく、あまり気持ちのよい道では無かった。ぜひまた通りたい。


県道側の橋の近くには公園。道の駅もある。
SDSCF6510.jpg

ダム湖の奥は、黒木地区。

周りの人達が皆クロキと言うのでクロキだと思っていたが、
クロギが本当らしい。
SDSCF6516.jpg
(ちょっと拡大可能)

畔はクロとも読み「小高い所」という意味がある。確かに高地。


谷には渓流の公園もあるようだ。癒やしスポットと書いてある。
来る途中にそうめんとニジマス料理の看板があったな。ゴキュ‥

ああ、誘惑が多すぎてお使いが進まない!

黒木のもっと奥には山小屋があり、多良岳山系登山の拠点らしい。

古い商店がいい感じ。
SDSCF6530.jpg


五家原岳は、テレビ塔があるのですぐ判る。
ここから五家原岳に登った事は無いので、一度行ってみたい。
SDSCF6532.jpg

山へは基本、マムシがいない冬場に登る。たとえ咬まれなくても
きやあー!と驚いて谷底へ転落してしまうからだ。


「岩戸観音」の看板を見つけたので寄り道する。

すごい迫力の岩山の裂け目に、観音さまが祀られていた。
SDSCF6523.jpg

いつもこの調子なので、ナカナカ先に進まない自転車散歩。

さあ、峠を越えねば!

黒木小学校の横から険しい国道に戻る。
特に景色も見えない退屈なつづら折り。

しかも、でかいバイクで峠を攻めて往復するいい年こいた
おっさんがいて、やかましい上に煙たい!

バイクのキーを抜いて谷底に投げたいのを我慢して進んだ。


必死にガンバって登っても仕方ないので、時々休み休み、
お茶を飲み飲み、小便しいしい、屁をふりふり登ってゆく。

あとで地図を見たら、傾斜はもっときついようだが黒木の集落から
トンネルまで登る旧道もあった。次はこっちを走ろう。


やっとこズンドコ鹿島へ抜ける平谷黒木トンネルへ到着。
SDSCF6537_20160204172312a89.jpg

ここはトンネル自体が峠になっている。
SDSCF6539_20160204172334a67.jpg
歩道が無いことも無いが、狭いので自転車だと落ちそうだ。

途中に、長崎と佐賀の県境。
SDSCF6544.jpg

県境にまたがって「私は今どこにいるでしょう?」と、
死ぬほどくだらないクイズを出題する事も可能だ。

トンネルを抜けると佐賀県鹿島市の平谷地区。

平谷温泉へは、以前よく通った。
SDSCF6555C.jpg

山中の秘湯っぽい所が
よかった。タイミング次第で貸し切り状態になることも
あってのんびり出来た。

宴会芸のサムライやゼロ戦の練習も可能だった。

ただ、脱衣所にはイスが無く、休憩しながら何度も入れる
感じでは無かった。

近頃は利用者も増えているようだ。

平谷には産直所もあり、多良岳の湧水が汲める。
SDSCF6551_201602041723395fc.jpg

山の中の県道は取り立てて見るものは無い。ただ下るだけ。
SDSCF6558.jpg


視界が開けると、巨大な中木庭(なかこば)ダムと河川公園。
SDSCF6567_20160204172443baa.jpg

SDSCF6579.jpg

佐賀は長崎に比べ、何につけスケールがデカい。
SDSCF6575.jpg

崖もまた、ハンパでは無い!
SDSCF6578.jpg


谷間の奥の集落も見るところがありそうだが、もう夕方近い。
またの機会にしよう。
SDSCF6581.jpg

この444号線をまっすぐまっすぐ進むと、探し続けて幾年月、
去年の秋にやっと見つけた、北鹿島の天神宮に着く事を、
この時はまだ、知らない。

鹿島の浜宿で小瓶の酒やおみやげを買い、肥前浜駅へ。
SDSCF6584_2016020417251036b.jpg


17:21発 普通 長崎行き

見知らぬ町の黄昏時に車窓から眺める風景は、
故郷を遠く離れた旅人のような気分にさせる。
SDSCF6593.jpg

相変わらず、大聖堂の鐘の音が響き渡る車内。

ガラン、ガラァ~~~ン!
SDSCF6599.jpg

自転車は手すりにつなぐ。 あんな隅っこにポツゥ~ンと淋しそう!
SDSCF6600.jpg
ゴメンネ!ゴメンネ!

長崎本線は単線なので、普通列車はたびたび特急列車待ち。
それもまた味があっていい。のんびり行こう!

ふと窓の外をみると、上り線のホームにも列車が待っている。
SDSCF6601.jpg
特急列車が。

エエエ~~~~?

ああ、そうかー!特急も一時間にニ本あれば、どこかで待ち合いを
しないといけない訳だ。

さすが単線!参りました!


計画中の新幹線は、どうやら新しいフリーゲージの開発が
うまくいかず、意味なし芳一になりそうだと聞く。

おそらく、可変する車軸だけ、般若心経を書き忘れたのだろう。

「住民の血税を使うのならちゃんとやれやアホ!」と、
近所のおじさんが言っていた。


きょうは西諫早駅で下車。いつもの場所で自転車を組み立てる。
SDSCF6605.jpg

この白ポストは、確か30年以上前から存在する。
ネット時代になり、完全に時代遅れの遺跡。

だいたい、このウルトラBIGな大容量は何だ!!
会社員がどんだけ仕事帰りにエロ本を読むと言うのか!


まあ、どうでもいいのだが‥。

おそらくこの日も酒を買って家に帰ったことだろう。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
よし!とりあえずUPできた!
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わんばんこ。

う~む、関東屁嫌に住むワタクシからすると何とも新鮮ですなァ....長崎。

海抜40メートル級の丘陵地はあっても、平野にキャベツ畑が広がるばかりで「○×岳」とか「ダム」などありゃしませんし、ましてエロ本回収ポストなぞ初めて尻ました。

しかも30年の歴史があるとか!

痔掻は、回収された有害図書の行方を追ってください。


では 股。

Re: No title

くんぬつわ!

長崎は「山があっても長崎県」です。
もちろん特に意味はありません。

長崎では隣り町に行くためには峠を越える必要があります。
忘れ物をしたら峠を4回越えることになります。
自転車が普及しないのも仕方がありませんぜ。

白ポストの件ですが、ポストの下部に、

・長崎県教育委員会
・長崎県警察署
・諫早市少年センター

の連名があるので、おそらくこの三組織のボスが
山分けしているのではないかと思います。

極上品については、喧嘩で刃傷沙汰にならないよう、
じゃんけんで決めているのでしょう。

陰で「お楽しみポスト」と呼んでいたはずです。

No title

けぺる先生こにゃにゃちはーv-17
今回のやうな倫行v-234
ミニベロはきびしいとしてv-281
フェデラルならどうですか?
泥除けは邪魔になりそうですが、
ほかにも長所短所があれば
400字以内にまとめてお答えクダサレ。

Re: No title

わらさま

グーテンコルゲン!

輪行で一番考慮するのは、重さです。

いなかの小さい駅ならホームまで押して言っても
誰も文句は言いません。

なぜなら駅員がいないからです。

大きな駅は、担いで移動する距離が長いので、
重い自転車だと、マッチョマンでない限り
途中で投げ捨てたくなります。

ベルトが肩に食い込んで、痛いけど気持よくなります。

なので、小径車でもフルサイズでもあまり違いはありません。

フェデラルは、日本古来のランドナー輪行とやらが出来る
構造ですが、今時前輪をフォークごと抜くようなそんな
面倒くせえ事をわざわざする必要はありません。

普通の自転車なら、タテ置きの輪行袋が一番他人に
迷惑をかけずに比較的簡単に輪行が出来ます。
折りたたみ輪行にはかないませんが。

フェデラルはスポーツ車としては若干重いという
点で、輪行に最適とは言えません。

ではまた

No title

仕事でお疲れんなっとっとに
まっことおーきにごぜいやしたe-351
クイックリリースで前後輪がカーンターンに
外さるって思うとったですー
又勉強さしてもらいますきに

Re: No title

ランドナーは輪行する時、後のドロヨケは
半分だけはずせるようになっています。
前はブレーキワイヤーをはずしてフォークごと
抜きます。コンパクトにはなりますが、
死ぬほど面倒です。

たわしのフェデラルは、ブレーキケーブルを
抜けるタイプでは無く、リヤシフターもハンドル
ステムにつけているので、本格的に分解しないと
フォーク抜き輪行は出来ません。

ドロヨケをはずせば最近の方法で輪行出来ますが
そう簡単にははずせません。

なので、フェデラルで輪行したことはありません。
する気もありません。分解している間に目的地に
着きます。

輪行するならドロヨケははずした方がいいです。
必要なら着脱式のドロヨケもあります。

諫早のサイクリングロードもそろそろ桜が
咲き始めているかもしれません。
プロフィール

Ramblingbird

Author:Ramblingbird
長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。 

記事一覧
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新コメント
↓よろしかったらランキングにご協力をお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。