fc2ブログ

小長井から太良まで、ちょっと走る

サるくリング~自転車散歩
02 /08 2016
大雪のあとの休日、佐賀の太良町へ調べものに出かけた。

午後から庭に出ると、雪が20センチくらい積もっていた
ビオラが見事に復活していて、アピョ~ン!と驚いた。
SDSCF8813.jpg

冬に咲く可愛らしい花の、真の強さを見た気がした。

長田バイパスをクルマで北上。
SDSCF8820.jpg

心の汚れた者にはワイパーがサビているように見える。
これは茶色のクレヨンで塗っているだけだ!

天気がよくてもったいないので、小長井町の道路公園に
クルマを置いて、あとは自転車で行くことにした。

最近はクルマに26インチの自転車を積みっぱなし。

エコでは無いが、そのままの状態で積んでいるので、
サンダーバード2号並みに機動性バツグン!


県界を越えると、佐賀県藤津郡太良町。

いつも気になるのが、高台の国道から見えるこの海岸。
SDSCF8830C.jpg
海水浴場のようだが、行った記憶は無い。

Googleの地図では右側の集落から道が続き海水浴場で
行き止まりになっているが、どうも左側の堤防道路からも
行ける気がしてならない。

帰りに時間があったら探検して見よう。


太良町は佐賀の最果ての地であるためか、道路整備も
後回しのようだ。

表面が象の尻状態のうえ、細かい砂利が無数に散らばる。
SDSCF8833.jpg
たまらず歩道に逃げるが、歩道も砂利だらけ。


国道207号線の、諫早市から佐賀県鹿島市までは、
ほとんどがJR長崎本線と並走する海岸道路。

昔の街道は、海沿いに道を作ってもすぐ壊れるので、
山の尾根を通っていた。海岸道路は新しいものだ。

右側の国道は切り崩して道をつなぎ、左側のJRは
トンネルを掘って線路を伸ばしている。
SDSCF8855.jpg

若いころはクルマの運転も楽しいもので、この道を走り、
佐賀の背振山を越え、福岡まで遊びに行っていた。

あの頃は、高速道路はまだ全線開通してなかった。

廃墟になった観光ホテルの沖は、のり養殖場。
SDSCF8852C.jpg

モノホンの有明海苔は、香りが違ーう!
食べる前につい、スーハースーハー嗅いでしまう。
トリップして有明海の不知火の幻覚が見える。

粉にして軽く炙ったものを、ガラスパイプで
鼻から吸引したいくらいだ。 (ダメ!)


太良町歴史民俗資料館に立ち寄る。
SDSCF8897.jpg

自転車で来たので、すでに15:30。
資料館は、あと30分しか見れない!

コロッケがやる五木ひろしの早送り動作で行動しよう。

ここには有明海ならではの漁具などを展示してある。
SDSCF8873.jpg

潜水漁を行うための装備
SDSCF8865.jpg

近代の海苔すき機
SDSCF8863.jpg

昭和の民具なども多い。

懐かしい五右衛門風呂の釜!
SDSCF8884.jpg

子供の頃住んでいた、長崎市内の家は五右衛門風呂だった。

湯船に、円形に組んだ木の板を浮かべ、その上に静かに足を
かけて中に沈めながら入った。

途中で板のバランスが崩れると、板はタテになって浮き上がり、
股間を強打する。危険な構造だった。
う~ん、いい思い出だなあ~

30分では見きれなかったが、面白いものが沢山あった。
ゆっくり時間をとって見に行ったほうがいい。

今回、一番ホヘヒー!と思ったのは、むかしは太良町全体が
佐賀藩諫早領だったという事実。
SDSCF8857C.jpg

明治の佐賀一時消滅事件は知ってたが、これは知らなかった。

「諫早歴史物語」をよく見ると、同様の地図があった。
特に本文では触れられてなかったため気づかなかった。
郷土歴史ファンの間では常識なのかもしれない。

元は同じ佐賀藩諫早領なのに、なぜ県境が変わったのだろうか。


役場近くの旧道で、観音・弘法堂と書かれた御堂を発見。
SDSCF8911.jpg

観音像の他にも、崩れかけた石仏や石塔、形象石など
祀る人がいなくなったような神仏が集められている。
SDSCF8907.jpg

これは弘法大師像。
SDSCF8905.jpg

清原像では無い。

こんなコワモテの弘法さまも珍しいが、修行僧なので、
実際はこんな感じだったかもしれない。

平成二十一年に寄進された木像のようだが、奉斎者の
手彫りなのだろうか。


帰路、例の海水浴場に続いてそうな海岸の堤防道路を往く。
SDSCF8951.jpg

舗装されてはいるが、冬だというのに草が茂り放題。
SDSCF8957.jpg

段々不安になってきたが、あっさり到着。
SDSCF8971.jpg

やはりワシの説は間違うてはおらんかったのじゃあ!

これで丘をひとつ越えなくて済む。

この白浜海水浴場は、人工の海水浴場との事。
そう言われればそうだ。本来は干潟のはず。
SDSCF8973.jpg

なかなかキレイなところだ。

向こうのほうでアベックが黄昏れていた。

入口側から出ようとしたら、チェーンが張ってある。
冬場は立ち入り禁止なのだろうか。もったいない。


太良はもぐり発祥の地。
SDSCF8982.jpg

何だか誤解されそうな自慢だが、もぐりと言うのは
潜水して貝を採ったり、護岸作業をする潜水夫の事。

本場なので、もぐりの潜水夫はいないのだろう。

肥前大浦あたりは国道がせまく、路肩がほぼ無い。
SDSCF8983.jpg

県界まで戻ってきた。
SDSCF8990.jpg

17時を過ぎていたが、小長井漁協の直売所がまだ
営業していたので、小長井牡蠣(大)を1kg買った。
SDSCF8996.jpg
カゴつき自転車のメリットを活かせるところだ。

ここで売っている有明海の海苔佃煮が美味い!
余計なものが入っていないなくて風味がよい。

無かったので訊ねたら、牡蠣で忙しくて作るヒマが
ないとの事。ここで作っていたとは知らなかった。


小長井のフルーツバス停はけっこう有名になった。
スイカ、メロン、いちご、柿などいろいろ。

その中で、これだけが何なのかハッキリせず、長年
我々の間で議論されてきた問題だった。

SDSCF8998.jpg

りんご、ザクロ、サクランボ、赤カブなど、様々な説。

しかし、最近になって 「たぶんトマトだろう」という
結論に至った。

よく見ると、葉っぱが家庭菜園のトマトの葉と同じ形だ。
作者はデカいヒントを残していたようだ。


気が滅入っている時は来ないほうがよさそうな、
淋し~い、淋し~い、小長井の海岸。
SDSCF9007.jpg


自転車を、ボロくないしサビてないサンダーバード2号に積み、撤収。

SDSCF9023.jpg

今夜は基地で牡蠣焼きじゃ!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お久しぶりです、本日お会いした髭面です
太良にこんな歴史があるとは!驚きです!

Re: タイトルなし

逆さにしても顔がある髭づらさま

ご肛門ありがとうございます

太良は畜産も盛んなところです。
田嶋ハムのももハムはオスススメ!
旬屋とかでも売っています。

四歩記では、長崎のマイナーなスポットをエロエロ
紹介しているので、股遊びに来てちょんまげ下さい。

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。