fc2ブログ

らんたぼ

さらば三菱自動車
02 /20 2016
昭和59年型 三菱ランサーEX 1800GSR TURBO 後期型

ランサーターボ。通称、ランタボ。lancerturboSB5312.jpg

お分かりかとは思うが、妖怪たんたん坊とは関係ない。

ランサーエボリューション(ランエボ)のご先祖様だ。


それはまだ私が20代後半の頃。

仕事帰りの夜、近所の三菱ディーラーの中古車コーナーに、
薄明りに照らされた黒のランタボがいた。

当時は巨大だったフロントスポイラーと三角のリアスポイラー。
ビンテージレーサーのような小さなドアミラー。
直線と角で構成された、素浪人のような何とも無骨なスタイル!

Sicturbo2.jpg

えーっ?このクルマこんなカッコよかったか


あきたこまち! イヤ‥、ひとめぼれだった!

すご~くシビレた! 正座して見ていたからだ。

そして、クラクラ~ッとした!! 腹が減りすぎていたからだ。

おにぎりを持って三夜連続で通い、週末にローン契約をした。


その時乗っていた軽のミニカターボは、新車で買って2年
ほどだったのだが、どうしてもランサーに乗りたかった。

新しいクルマを下取りに出して5年落ちの中古を買う!

周りの人からは、バカ、あほ、変態、鼻クソ、帰れなどと
小突かれたが、本人はニコニコルンルンだった。(←昭和)


軽い車体に強力なターボ猿人を載せていて、動力性能は
イヤッホゥ~!で、俗に言うドッカンターボだった。

アクセルを踏み込むと、ウゥ~ンと少しのラグのあと、
ブリブリブリブリブリブリ~ン!!!
と、いきなり急加速してブッ飛んでいった。


純正オプションのノンスリップデフがついていた。

略してノンスリと言った。 トンスルとは違った。

クルマは、カーブを曲がる際、遠心力で内側の駆動輪が浮き気味に
なると、差動装置(デフ)によって外側の車輪の回転を落とし、急な
姿勢の変化を抑えてスムースに曲がれるようになっている。

ノンスリが付いていると、外側の車輪の回転は落ちる事なく、
カーブをウギョギョギョ!と無理やり曲がる!

この機能を利用して、側道から本道に出る際、アクセルと
クラッチのタイミングだけで、ギュワン!と直角に曲がり、
ピタッ!と進行方向を向いて、ダーッシュ!

町角という町角を、こんな事をして遊んでいた。
まったく脇毛の至りだった。

なので、今どきの若者が調子こいた運転をしていても、
「はよう大人になるんやでぇ~」としか言えない。


このクルマに乗り始めた頃は、仕事が忙しくて休みも少なく、
寝る時間を削って、命がけで夜遊びしていた。

お年頃だった。

夜、仕事が終わってバイトの女子大生を家に迎えに行くのだが、
排気音がデカいため、家の手前の坂の頂上でエンジンを止め、
静かにゆるやかな坂を下って停まる。

月影の忍者グライダーと名付けた。

そして、足音で両親を起こさないよう、靴を両手に持ったくの一が、
家の窓から忍び出てくる。

う~ん!佐野元春のHEART BEATの世界やぁ~!(どこがだ)

お金が無い時は、うろうろ走ってたこ焼きを食べて過ごしたりした。

帰りに送る時は、玄関でおかあさんが仁王立ちしていないか、
ビクビクしながら戻った。

ランサーにはそんなセンチメートルな思ひ出もある。
わしも若かったんじゃのう~。


ランサーターボは、過去も現在も、そしてこれからも
たぶん、一番好きなクルマ。

SLANCER0364571.jpg

あの独特の雰囲気は、他のどんなクルマも持っていない。
私の中では、サムライ、ゼロセン、そんなイメージ。

どちらもお下劣な宴会芸と同名なのがちょっと悲しい!


2016年現在、三菱自動車は、セダンの開発をやめると言う。
かつてラリーで活躍したランサーもギャランも、もういない。

小型SUVと電気自動車に絞り込んでいくそうだ。
あとはスズキと日産から供給されるOEM車。

まさかこんな事態になるなんて、思ってもいなかった。
生き残るための選択なのだろうが、何と寂しい事か。

誰もが未来への希望を失いかけている今の世の中で、
三菱自動車がもう一度見ようとしているSUVの夢が、
どうか正夢になれよと願うばかり。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
いつもありがとう コメントもありがとう

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

わんばんこ。

...むむむ、久々の車ネタですな。 世代が伺われますね。

過去にも数回三菱自動車をとりあげているところからも思い入れの深さを感じます。

いやァ、それにしても車のデザインは時代ごとに大きく変わるものですねェ。
この年代も十分ロボットっぽい気がしますが、近年のエグ~いデザインと違って愛嬌を感じてしまうのは、自分も年をとった証拠なのでしょう。

我が青春時代はバブル期で、右を見ても左を見ても「プレリュード」や「ソアラ」があふれていたっけな。

またセンチな気分になりましたら、追憶の彼方から車ネタを引っ張り出してください。


あ、なでしこジャパンのリオ五輪出場が絶望的となりましたのでこの辺で失礼します。


バイなら。

Re: No title

こんにちや

人手不足のため、年寄りなのにずっとコキ使われております。
だからと言って浜でヒトデを拾って来ても楽にはなりません。

最近のクルマのデザインは気持ち悪くて無理なのが多いです。
私は品のある人間なのでゴテゴテしたお下品なのはダメです。

その前に高くて買えません。200万のクルマで消費税が16万円!
16万あれば、最高級電動自転車と雨ガッパと長靴が買えます。

今のクルマが壊れたら、電動自転車で屋根付きのリヤカーを牽いて
寝泊まりしようと思います。

そろそろブログを書かねばと思いつつ、疲れて寝る日々です。
では、死ね死ね団に監視されていますのでこのへんで。。

あと一時間働けば家に帰れます。

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。