fc2ブログ

ミニキャブ3号よ永久に

さらば三菱自動車
09 /29 2013
今回は、ほぼ独り言。


そのころ自分は独身で、あまり贅沢せず暮らす分には金にもそれほど
困らず、好き勝手に暮らしていた。

クルマは普通車があったが、思い切り遊べるのが別に欲しかった。
やはり、以前乗っていたミニキャブがよかったなあと考えていた。

昔の軽の箱バンというのは、自分にとって理想的なクルマだった。
4WDなら大抵の所に入っていける。中古なら気兼ねもない。

ボンネットが無いので、見通しの悪い路地から出る時も、ちょっと
前を覗けば周囲が見える。

軽なので狭い道も問題ない。長崎の林道は狭いので小さい車がいい。

室内はフルフラットになり、ゆっくり昼寝も車中泊もできる。

ミニキャブ2号は4代目のモデルだった。
この当時はすでに5代目の販売が終了し、6代目が出ていた。

中古なら5代目の選択もあったが、5代目からはボディが乗用車に
近い構造になり、4WDシステムも荒れ地を走るためのもので無く、
雪道で滑らない事を目的としたフルタイム4WDに変わった。
これは、山で遊べないという事を意味していた。

やっぱり4代目ミニキャブ4WDしか無かった。

ネットの中古車情報を見ると、福岡に1台あった。
次の週末、さっそく見に行った。
minicab3goo.jpg

店は留守だったが、クルマがあった。
あちこち傷だらけで、タイヤもぼうずの上、サイドが破れかけて
コブのようにふくらんでいた。
まあ、どうせ山遊びするのだから傷は問題ない。タイヤは換えれば済む。

ミニキャブ ブラボー ZE スーパーチャージャー4WD 5MT

しばらくすると店の親父が戻ってきた。
長崎から見に来たことを告げ、全部でいくらになるか聞いた。

諸経費が妙に高かったので値引きを交渉したが、「これくらいもらわんと
商売にならん」と強気で言う。じゃあ他を探すからもういいと告げて帰ろうと
したら、急に態度が変わり、「その金額でよかよ タイヤも換えるけん」と
言った。

登録の手続きは郵送で出来るそうなので、納車の時は高速バスで行き、近くの
停留所で待ち合わせた。
親父さんは終始ニコニコして見送ってくれた。ミニキャブ3号は、この時すでに
12年落ち位で、たぶん売れる見込みも無かったのだろう。

タイヤはちゃんとまともなものに換わっていたが、何があるか分からないので
下の道を通って帰った。


ミニキャブ3号生活が始まった。

DSCF0006A.jpg

多良岳周辺の山は、鎖で封鎖された所が増え、以前より遊ぶ所が減っていた。
4WDで無理をしてひっくり返ったり谷に落ちたりする者がいたためだと聞いた。
林道はほとんど舗装され、普通車が気軽に通るようになった。山はセンター
ラインが無いため、対向車が見通しの悪いカーブで真ん中を走ってくる。
以前のように気楽に走れなくなった。それでも人の来ない山の中は
自然に包まれて気持ちがよかった。

DSCF0008A.jpg

昔の史跡などを見に行くのには活躍した。林道はきれいになったが、開発の
進まない所は未舗装道路も多い。町中でも軽自動車は邪魔になりにくい。

MEOTOGI2A.jpg

壱岐へひとり旅をした時は、仕事が終わって夜の高速を走り、呼子から
フェリーで渡った。次の日に帰るつもりだったが、いい所だったので2泊
した。もちろん車中泊。地元の人が遊ぶ海辺の草原では、4WDパワーを
発揮した。海岸のキャンプ場で、沖のイカ釣り船を見ながら焚き火して
ワンカップ大関を飲み、このまま日本一周の旅に出たいなーと思った。

DSCF0014A.jpg

壊れたら修理して、末永く乗りたいと思っていたのだが、そういう訳にも
いかなくなった。長いひとり者の生活も終わろうとしていた。これからは
余分なおもちゃは持てなくなる。自分だけならミニキャブだけ残してもいい
と思うが、今の交通事情で安全性を考えると、さすがに人を乗せるのには
適さない。世間体というものもある。人に心配させてもいけない。

DSCF0003A.jpg

このクルマを手放そうと決めた時、初めて、何か淋しい気持ちになった。
出来ることなら、どうにかして持っていたいと思った。
クルマは道具だと考えていたので、いつも手放すのに抵抗はなかった。
これほどミニキャブに固執したのは、やはり、自分に一番近いクルマだと
解っていたからではなかっただろうか。

何かと引換えに大切なものを失ってしまう。それは仕方のない事だろう。
すべてのものが必ず変わっていく。

現在生産されているクルマの中で、これは是非乗りたいと思うものは無い。
これからも出てくる事はないだろうと思う。

DSCF0018A.jpg

3台のミニキャブで過ごした日々は、本当に楽しかった。
自分の人生の一部として忘れられない時間。
このクルマに出会えてよかったと思う。


おわり
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。