fc2ブログ

グラベルロードバイク ジャネー号

軒下ラボ ~自転車研究処
03 /04 2020
 2年以上もほったらかしていたので、記憶が
あいまいだが、散歩記は確か自転車のブログ
だったはず。自転車のことも書こう。

 拙者の場合、自転車は散歩がメインなのだが、
一度はロードバイクとやらを買って乗りたいと
思う気持ちがない訳でもなかった。

 しかし、25Cタイヤを履かせたツーリング車
で感じたのは、穴と段差と石だらけの田舎道を
細いタイヤで走るのは、心配な事が多く神経を
使うので、あまり楽しめないということ。

 歳をとって自転車でひっくりコケると、寝た
きりになっておむつを汚して家族に迷惑かける
かもしれない。それは非常に恐ろしい事なので、
ロードバイク計画はもう、中止だ!中止ッ!


 ところがどっこい正一!(←今だに言ってる)

 都会では近頃、グラベルロードという
ものが流行っているらしい!

FELT_Aegmo1A.jpg

 簡単に言うと、ロードバイクの細いタイヤを
オフロードも走れる太めのヤツに替えたもの。

 おお、これならいいかも!

 道に落ちた牛の糞で滑るリスクも減るだろう。

 グラベルロードは、田舎のお友達の要望が
自転車業界を動かして誕生した、
「いなかロード」なのかもしれない!


いや待て待て、よう考えなはれや?

 700Cの大車輪を太くしたら、大大大車輪
なってしまい、ストップ&ゴーや、坂道発進が
チョチョチョー大変になってしまう!

 何か変なものを見つけたらすぐ停まるような
自分の使い方にはあわない。

車輪が小さめの26インチHEサイズならいいが‥。


 あるじゃなかですかーい!!

グラベルロードバイク KZ-108
kyuzo-shop_kz-108_2A.jpg
  
 送料込みで、ナ~ント、1万9千800エ~ン!(当時)

 ハイ、お買い上げ!!

(安モンかーい!)

 
 
 届いてさっそく組み立てる。

kz-108-11A.jpg

 
 クオリティは低いが、条件はクリアしている。
 決してニセモノでは無い! そして、

 けっこうカッコいい。 が、しかし‥

 やはり「コレジャネー感」が漂いまくっている!

DSCF6358A.jpg

ジャネー号と名付けた。
 
◎ジャネーの法則:
 歳をとるほどに、自分の人生の長さに対する
 1年の割合(重み)はどんどん小さくなるため、
 時が過ぎるのが早く感じられる。

 気がついたら、ブログを2年も中断している
ことさえあるらしい。
(↑しらじらしい)


 なぜこんな安モンに手を出したかって?

 ならば答えよう!(いや聞いてない)

①26インチHEサイズのホリゾンタルな
 自転車が、以前から欲しかったから。

②安かったから。

③作っているのが、安い商品なりに信用
できるマイパラスの池商だから。

④ムシャクシャしていたから。

⑤マリ子の才能を嫉妬していたから。

⑥さみしかったから。

 ツッコミは セルフでどうぞ おとうさん
 


 さて、この自転車。販売ページの写真でも
わかる通り、デッサンが狂っている!

108A.jpg


 ハンドルの位置が、ずいぶん遠くて低い。
ステムの前後寸法が長すぎるからだろう。
また、上面が水平なステムは高くできない。


 開発中と思われる別の写真には、高めの
ステムと現代風のハンドルがついている。
無題001


これなら乗りやすそうだ。

 おそらく、予算か部品供給の都合で、
今の仕様になったものと思われる。

 
 実際、そのままで走れないという事は
なかったが、前傾姿勢に慣れてないと、
3分くらいが限度だろう。
 
それを過ぎると、首や腕や腰の筋肉が、
宇宙へ飛び去ってしまう。


 むろん、このまま乗るつもりはない。

ダメな子をできる子にするのが、苦悶式
自転車改造トライ法の醍醐味だぁ!!

(注:目を合わせないようにして下さい)


 まずは、ちゃんとポジションを出すために
調整をしていこう。


 自分に合うよう、サドルの前後・高さ位置を
決めたら、ハンドルはさらに遥か彼方へ去る。
これじゃあ届きやせんぜ、旦那! 

 ステムを替えて、ハンドルをもっと近く・
高くする必要がある。


 オークションで安いのを探して購入。
高さはいいが、まだ遠い!

DSCF6392A.jpg

 次はヤフオクで中古を落札。まだ遠い!

 結局、3本目でやっと、まともに使える
状態になった。

DSCF6772A.jpg

 しかし、前後の距離が40ミリで、上が水平に
なったロードタイプのものが見つからない。
 これはママチャリ用だ。

STEM40.jpg

 しかもシルバーしか無かったので、黒の
スプレー塗料で塗った。

どうだ!まいったか!


 それから、フロントギヤを多段化。
 山に行けないとグラベルの意味ないし。

 安いMTB用の3枚クランクに交換。

DSCF6509A.jpg

 リヤのギヤは、ボスフリーの7速なので
一番高いギヤが14Tとショボい。そこそこ
スピードが出るよう、今回、クランクは
大きいサイズの48T、38T、28Tにした。

 それに、大きい方がスポーチー
カッコいい。いちおうグラベルロードなので。

 このサイズの組み合わせは、以前持って
いたMTB風自転車で実績がある。険しい
五家原岳にも登った。だいぶ昔だが。

DSCF6394A.jpg


 クランクBBもこの際、シマノに交換。

 ていうか、元のクランクの材質がゴミで、
クランク抜きをはめて回すと、ネジ山が
ボロボロと崩れて工具がすっぽ抜け、結局、
BBを分解してクランクごと外した。

DSCF7064A.jpg

 肥溜めがあったら、投げ込んでいた所だ。


 そして、フロントディレイラーとワイヤーを
通す樹脂のガイドを取り付ける。

 ダウンチューブにシフトケーブルを固定
する座が無いので、ダイアコンペのネジ
止め式のケーブル固定金具を流用。これで 
じゅうぶん支えられる。
DSCF0014CA.jpg


 シフトレバーは、安いロードバイク風の
自転車では定番のコレ。普段は横ハンを持
ってのんびり走るので、このタイプが使い
やすい。
DSCF6510A.jpg

基本、ユルく行く。
 
 走った感じは、タイヤが太いので当然
もっさりしているが、タイヤパターンは
真ん中がスリックなので、空気を多めに
入れるとけっこう転がる。

 以前よくあった、両側が極端にイボイボ
のヤツではないので、カーブでいきなり
ガタガタして不安定になり、ヒイ~ン!と
泣きそうになることもない。

kz-108_2.jpg

 キャリパーブレーキが、唯一ロードっ
ぽいところかも。


 最高速は、うおおおおおぉぉぉ!!!

 おそっ!

 48T×14Tでは、ガンガン漕いでもアレ?
アレ?というくらい進まない。

 「ハッ、まさか」と思って後ろを見ても
誰もおんぶしてはいない。


 最高速だけでなく、加速も他の自転車と
比べるとにぶい気がする。機械的な効率も
あるのだろう。

 車体はそれほど重くないが、軽くもない。
タイヤの空気が減っていると、抵抗が一気
に増す。


 まあ、値段のしこ(長崎弁)だろう。だが
散歩用ならけっこう面白い。
DSCF6520A.jpg


 MTB風ではないのに、未舗装の道に
突っ込んで、草をかき分け進んで行けば、
気分はもう、覆面戦車!
DSCF6529A.jpg

 何とか仕上がったものの、あまり遠くへは
行く気になれず、近所を何度か散歩したら、



飽きた‥。

 
 暖かくなったら、また乗るとしよう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

でたッ!男のこだわり!
奥さんに言わせると「こんなに時間とお金かけるんなら、最初から揃ってるやつを買った方が安かったんじゃない?」
夫婦間の溝が深まらない事を祈ります。

Re: No title

機械いぢり、モノ作りは男のマロンです。単なるスペックではなく、自分で考え、工夫し、苦悩し、つまづき、挫折し、飲んだくれ、立ち直り、また挑戦する。その過程が尊いのです。でも最近は日本酒を飲みながらネット動画を見るのが一番好きです。

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。