fc2ブログ

ヴァカ 4匹目

バカ発進!
05 /25 2020
 この話はすべて諫早の人田中君より聞きたり。
わしの体験談で無きこと、ゆめゆめ疑うなかれ。
願わくはこれを語りて上級国民を戦慄せしめよ!


   ― Twinkle Star ―

 先日の事、仕事中、グギュルゥという音と共に
脳から緊急出動命令が出たため、私はトイレに
向かい、内股でスクランブル発進した!

 明らかにガスが溜まっており、かなりヤバい
状態だ。しゃがむ前から引金の安全装置は解除
されていたが、もしフライングしたら機体後部に
甚大な被害が生じる!ヒクヒク、懸命に堪えた。

 そして、イチかバチかの危険な賭けだったが、
私はしゃがみながら、ズボンとパンツをダブル・
ドロップダウン!と同時に、屁だけを発射した!!


 すると、あろうことか、SiriのANAから
 ドードー・ソーソー・ラーラ‥ と、
 
正確な音程で、軽やかなメロディーが
トイレ中に鳴り響いたのだ!!


 無論、実際の音は、ブーブープープー。
屁の音がドドソソだったら怖すぎる。 

 何が起こったのか、一瞬、理解できなかったが、
次の瞬間、私はハッ!と我に返りつぶやいた。

「Twinkle Twinkle‥ Little Star?」

 童謡「キラキラ星」の出だしの旋律だった。

 私は、自らのヘで童謡を奏でた事に動揺し、
 その旋律に、戦慄を覚えた!


 音楽の神様が、へと共に現れたのだろうか?

 イヤ、これは科学で証明できる現象のはずだ!
  冷静に検証してみよう。 

 まず、私はしゃがみ込みながら屁をこいた。
 肛〇は最初からフル全開オールグリーン
連続放屁していたが、しゃがむ刹那、段階的に
四股に力が入り、下腹部の内圧も高まった。
同時に、〇門もすぼまって口径が収縮したため、
屁の音程が、連続して二段階、高くなった!

 ゆえに、ドド・ソソ・ララの音となった。

 そういう事だったのではないだろうか?

 歴史に「もし」が禁句なのは解っているが、
もし、最後にもう一音、の音が出ていれば、
ドドソソララソ♪
で、完璧だった。
それだけが悔やまれる。

 これは人間の可能性というものが、まだまだ
未知数という事を示唆しているのではないか?

 研究が進めば、隣の個室の人と、夢見る様な
美しいハーモニーを紡ぐ事が可能になるのかも
知れない‥。

 次からトイレで屁をこく時は、自撮り棒で
動画を撮影しながらこくとしよう!



by 田中二郎 


※実際にあった事件を元に、再構成しているそうです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。