fc2ブログ

諫早のえべっさんを追加  

古かもん見てさる記
03 /22 2021
 たわしが住んでいる諫早市は、昔、佐賀藩の領地だったからか、海岸地域や城下では、えびす神が盛んに祀られていた。
 えびす神は、釣り竿を持って鯛を脇に抱えているように、元は豊漁の神だった。それがいつの頃からか、商売繁盛の神、福の神として広く信仰されるようになった。
 諫早では、えべっさんと呼ばれ親しまれている。
ebisusama.png
 えびす神の成り立ちは諸説あるのだが、豊かな異世界から訪れて幸をもたらす「来訪神」であることに間違いはなさそうだ。

 2018年、諫早市内にある210体のえべっさんを調べ、その写真と所在地をまとめた「諫早のえべっさん辞典」という本が、諫早えびす研究会という有志の手によって出版された。
 連綿と続いた民衆の習わしが急激に失われている今、こういう記録を残す取り組みはとても喜ばしい。

 早速、書店へ向かい、そのまま通り過ぎて図書館で借りた。(買えよ)
 自分も結構、市内のえびすさんは見ているつもりだったが、知らないものも多く、大変参考になった。

 著者の諫早えびす研究会は、今後のネット上での展開を予告されていたので、続編を待っていたが、現在は検索しても活動が確認できない。

 と、いうわけで、今回は「諫早のえべっさん辞典」に記載がなかったえべっさんを、わしの写真ラバトリーの中からご紹介するだに。 

 久山町 久山港改修の際に新しく作られた、えびすさんと大黒さん
DSCF0258A.jpg

 多良見町木床 舟津の祇園さん近く 道路沿いの民家
DSCF5050A.jpg

 多良見町東園 海の中のカーブした線路内にある漁港近く 酒店の隣り 
PC150308CA.jpg

 津水町 熊野神社内 町内に祀られていたものか 
DSCF4898AA.jpg
 ここは大村との藩境の地 キリシタンに破壊されたのかも 

 宗方町の下溜池の堤防 水神さんと共に祀られている
P4140212A.jpg
 なぜか、石の高い台座の上に‥
P4140210A.jpg
 山の中でも、水がある所にはえびすさんが祀られる事もあるという例

 有喜漁港の前 大きな八大龍王像の所
DSCF3084A_2021032122433397b.jpg
 以前も紹介したが、諫早では珍しい双体えびすも        
DSCF3086A_2021032122433357a.jpg
 諫早のえべっさん辞典では、双体えびすは、えびすさんと大黒さんのコンビとあったが、ここはどちらもえびすさん。言うなれば、ステレオえびすだ。

 有喜漁港前の道路に面した民家
DSCF3079cA.jpg
 笑顔が最高

 そして、これは一番のお気に入り!
 小長井町 牧 三夜さん近く 民家の石垣の上
PB171169A.jpg
 えびすさんに見えるのだが、鯛がよく確認できない。逃げたのだろうか。

 えびすさんは、ある所には幾らでもあるので見過ごしがちになるが、よく見るとそれぞれ個性があり、味がある。でもやっぱり、自分もつられて笑ってしまうような、思いっきり笑顔のえべっさんがいいね。
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。