fc2ブログ

メタボな海豚 ヤマハ ベルーガ50

原チャリ風雲録
10 /10 2013
私は、バイクは原付オンリーだ。

小型や中型の免許を取りに試験場に行ったこともあったが、落ちたらすぐ
面倒くさくなってどうでもよくなって忘れてしまう。
結局、バイクについてはその程度の欲求なのだ。

しかし、原付もなかなか楽しいもの。今まで乗った原付を思い返してみよう。

今回は、大阪にいた10代の頃、原付免許を取って最初に買ったスクーター

ヤマハ ベルーガ50 ベルーガは海豚(イルカ)。
beluga50A.jpg

確か、免許を取る前に注文して、すでに店に届いていた。

デザインがしゃれていた。オプションの巨大なフロントスクリーンをつけた。

シートもふかふかで乗り心地がよかった。パッソルなどはスピードを出すと
シートが猛烈に振動して、股間が痛いやら気持ち良いやらだったのだが、
ベルーガは至って快適だった。

大阪市内から京都の長岡京市まで片道30キロくらいを通っていた。

当時はノーヘルでもOKだったが、ヘルメットをかぶっている人は誰もいなかった。
夏は、ゴムぞうりをステップ前部の小物入れにつっ込んで、裸足で走っていた。

普段乗るところはほとんど平地だったので問題なかったのだが、ある日、
京都のほうの低い山に登ったら、エンジンが唸り、スピードが出なくなった。

故障かと思ったが、平地だと元に戻る。どうやら車体が重くて坂を登ることが
ものすごく大変らしいことが判った。メーターを見ると20キロちょっとしか
出ていない。うぅぅぅ‥といってダレまくる。

当時の体重は50キロ台だったので私のせいではない。

車体の前の部分の広いパネルとライトのカバーの所は、薄い鉄板でできていた。
80ccのモデルもあり、共通の車体なので、50ccにしては元々大柄だった。

長崎だったらとても普通に使えないところだった。

beluga_f.jpg
  ↑これはマイナーチェンジ後のタイプ。ちょっと高級になっている。


その内、フロントスクリーンはカッコ悪いと思い始め、外してしまった。

白いボディも最初は爽やかでよかったのだが、何だかダサく思えてきて
凶悪なイメージになるよう、缶スプレーで真っ黒に塗ってしまった。

どこから見ても、ゴキブリにしか見えなかった。哀しかった。

当時は、ちょっとくらい飲んでも、みんなクルマやバイクを運転していた。
みんなそうするので、それが普通だと思っていた。

こんなだから、教育というのは恐ろしい。
どんなウソでもみんながそうだと言えば、信じてしまう。

飲んで運転すると、当然危ない。
ある夜、飲み屋でそこそこ飲んでベルーガで帰宅していた。
すると、自分の左下の方からガガガガ~~!とものすごい音がする。
何だ?と思って下を見ると、ステップを道路の縁石にこすりながら
走っている。火花が出ていた。ビビった。怖いなーと思った。

またある夜、友達のところで飲んで帰宅中、何を思ったか直線の路地で
蛇行しながらブンブンふかして走っていた。しかし段々蛇行が大きくなり
、バランスを崩してガシャーンとコケた。

とっさに側方回転受け身をして怪我は無かったが、近所のおばちゃんが
心配して集まって来た。友達から借りたエッチな本が小物入れから
落ちて散乱していた。見られないように慌てて隠した。


今でもヤフオクで程度のいいのが出ることがある。見ると欲しくなるが
長崎の坂で役に立たないのはわかっているから買う気はない。
でもタダならもらう。

誰かくれませんか?

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。