fc2ブログ

皿うどんのおいしい食べ方

肥前国フード記
10 /22 2013
長崎の有名な食べ物といえば、ちゃんぽんと皿うどん。
家庭でも普通に作って食べる。
saraundo.jpg

皿うどんはチャーメン(炒麺)とも言うが、炒めるのは具材で、
麺は油揚げ麺だ。

スーパーに行けば、揚げ麺、粉末スープ、液体スープ、専用の
色付きはんぺん等なんでも売っているので、すぐに作れる。
たまに生麺を置いているところもある。

家庭でも本格的に作る場合は、生麺を買ってきて中華鍋で揚げる。
麺をほぐして鍋に入れると「チャアーー!」と音がして広がる。

揚げたては香ばしく、大変美味しい。と、書くだけでもよだれが出る。

細麺と太麺があるが、うちは細麺しか食べない。太麺は何か違う。

海老やイカ、ほたて等の海鮮具材を入れるとグッと味が良くなる。
うちのように海老は贅沢で買えない場合は、干し海老を入れてもよい。

もちろん長工の金蝶ソースをかける。酸味の効いた地元の味。


麺と粉末スープセットのものは保存も効き便利だ。
古くからあるのが、マルタイの長崎皿うどん。
長崎のメーカーではないが、まあまあ美味しい。
marutaisara.jpg

この形態は、いろんなメーカーのものが出ている。それぞれ少しづつ
味付けや食感が違う。


皿うどんの要である、絶妙なトロみを出すのはなかなか難しい。

野菜を入れ過ぎると汁っぽくなり、麺もふやけてベチャベチャ
になる。味も薄くなって台無しだ。
トロみがあり過ぎると、あんが麺にからまず全然美味しくない。


最近、冷凍食品では大手メーカーも皿うどんやちゃんぽんを
売り出している。

ちゃんぽんは美味しいのもあるが、皿うどんはだいたい60点台。

以前マルキョウに、九州以外の県でつくった具材のみのものが
あって、結構美味しかったのだが最近は見ない。


長崎のおみやげ用に麺とレトルト具材のセットものもある。
しかし、レトルトの具材で美味しいものは食べたことが無い。
牛丼もしかりだが、レトルトには向かないのだろう。


また、近頃は皿うどんの麺をサラダに入れるのが流行りらしい。
わざわざサラダ用の製品に仕立てられて店に並んでいる。

うちでもいろいろ試してみたが、ドレッシングはごま系の甘めの
ものがあうようだ。

(たった今食べた昼の弁当にも入っていた 急遽追加。)
PA220056A.jpg

サラダ以外にも、皿うどん麺の美味しい食べ方を考えるのだが、
なかなか見つからない。

味噌汁に入れる→NG

ごはんにかける→もっとNG

お好み焼きに入れる→上手に出来ればOK

牛乳をかける→微妙

食感を活かすのがポイントのようだ。

そして、行き着いたところがこれ。

「では、いただきます」
PA201859TA.jpg

麺のみを、そのまま食べる。
昔からマルタイ皿うどんなどを酒のつまみにポリポリ食べる事は
あったが、あまり行儀のよいものでは無かった。
しかし、サラダがいいのならそのままでもいいはず。

ところが、そのまま食べて美味しい麺というのは限られている。
油っぽいものや、味付けがうすいもの、細すぎて口の中に刺さるもの。

いろいろ食べ比べたがこれが一番いいようだ。


しらゆき食品 ちょっとくずれたチャーメン
PA201850WA.jpg

これはそのままで充分美味しい。
しかも、お得!
3人前入って128円で売っている。
ちょっとくずれていても何も問題ない。くずして食べるからだ。

いつも店にあるので、ただの販売戦略だろうと思う。

減量中なので、少しづつ皿に入れて食べているが、制限が無ければ
袋から直接スナック菓子のように食べてしまう。
これも危険過ぎる食べ物のひとつだ。


「きのうの皿うどん」も食べたくなってきた。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。