fc2ブログ

特別価格にご注意

日々の事
10 /23 2013
諫早のとある海辺の田舎町で、ユーラクのブラックサンダーという
お菓子を3個買った。

内村航平が食べているという事で有名になった30円のチョコクッキーだ。
自転車で遠出する時、エネルギー補給用にいいので冬場には時々買う。
夏場はでろでろに溶けてしまい、無理に食べると気持ち悪くなる。

この日は飯盛の峠を3つ越えて結構疲れたので、途中で2個食べた。

家に帰って残りの一個を机の上に置いた。
30円のはずなのに、値札は50円となっていた。

P9120416AA.jpg

20円×3個で60円損した。

ブラックサンダーがあと二個買える。
パンとかも一緒に買ったので気付かなかった。

単なる間違いだとは思うが、田舎の方ではわかっていて定価より
高い値段をつけている事もあるので、確認して買った方がいい。

観光地の旅館などでは自販機の缶ジュースが200円だったりする
事はよくあるが、小さな観光地の近くの普通の商店で、カップ
ラーメンが倍くらいの価格になっていたりする。


この店はおそらく地元で一番大きなストアーで、食料品から
衣類まで、あらゆる物を売っていた。

パン売り場の横にはババシャツが並ぶ。
じいちゃんが座って店番をしている。
ばあちゃんは近所の奥さんと話し込んでいる。
ずるい事をしそうな感じではない。


お菓子類は、ある時期から価格表示をしないようになった。
売る側からすれば、ひとつひとつ定価を調べるわけにもいかず、
間違ってしまうこともあるだろう。
買う側もよそと比べないと妥当な価格なのかわからない。


以前は、田舎者は定価など知るまいと思って、高く売っていた
商店主がいたのも事実だ。
よそより高いですよと教えたら、「これでも売れるもん」と
レジでカップ酒を飲みながら答えた。

今はそんな店も消えてしまった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。