fc2ブログ

銅のコイン2枚持って轟峡へ紅葉を見に行く

サるくリング~自転車散歩
11 /17 2013
2013年11月16日 曇り パーッとしない空。

きょうは午後から高来町の轟峡(とどろききょう)へ紅葉を見に行った。
もちろん自転車で。

今から11月下旬が見頃らしい。
山なのでフェデラルで行こうかとも思ったが、遅くなったら輪行できる
クロス改造ツーリング車で出かけた。

途中で、スペシャルドリンク(お~いお茶)を忘れた事に気づく。
スポーツドリンクとかよりも、これが一番いい。

仕方ないので、コンビニで買う事にして、高来町湯江まで直行した。

セブンイレブンで、お茶だけでなく、サイフも忘れた事に気づいた!
紅葉見ようと山まで出かけたら、サイフを忘れた愉快なおっさんだ。
困ったことに、歳を取ると何でもすぐ忘れる。

肉まんやおでんを注文した後でなくて、本当に、本当によかった。

しかし困った。水分補給が出来ない。フロントバッグの中をあせくってみた。

10円玉が二枚と、サンリツの乾パン、にゅーにゅーキャンディ、ブドウ糖。
これが私の命をつなぐ全てだ!
PB160035A.jpg

まあ、轟峡に着けば、日本の名水百選にも選ばれた多良岳の清冽な水が、
もう飲めましぇーん!という程たらふく飲める。(無料!)

山の上だがそれほど距離はない。今回もまたまた、どげんかなるさ攻撃だ。

湯江から道路の案内板通りに山へ向かって進むと、農道の丘の上に出た。
そこからまた谷へ下れと言う事だ。全く無駄な登坂をさせられた。
国道から平道で来れるではないか!

こっちは喉がカラカラだというのに。
高来町役場に、いやがらせの無言メールを送ってやろう。

PB160036A.jpg

とにかく、早く轟峡に辿り着いて水を飲まなくては死んでしまう。
エアうめぼしで口の中を潤しながら、ひたすら坂を登った。

もう午后3時だというのに、観光バスが3台も追い越していった。
煙たくてしょうがない。ユートクバスにも無言メールを‥。

PB160037A.jpg

もうすぐだ。山の上の方は、まだ全然色づいていない。
PB160041A.jpg

やっと湧水ポイントに到着!
水が飲める飲めるぞー!水が飲めるぞー!
PB160043A.jpg
上にも湧水があるので、とりあえず500mlくらいで勘弁しといてやった。
美味いのは言うまでもない。

駐車場に到着。売店もあるが、もちろん20円では何も買えない。
おみやげは、モミジの葉っぱのみだ!
PB160045A.jpg

轟の滝は、遥か谷の下なので降りなかった。奥へ進む。
PB160046A.jpg

楊柳の滝。水量が少ないのでしょぼい。
相変わらず逆光に弱いウンコカメラ。そろそろ買い換えたい。
PB160050A.jpg

実物はキレイだったのだが、ぼやけてしまっている。
PB160056A.jpg

奥の駐車場でモミジの写真を撮っていたら、車で遊びに来ていた人が、
上の方に樹齢何百年のモミジの巨木があるという事を教えてくれた。
今行って来たところだが、ちょうど見頃だと言っていた。

日暮れまでにはまだ少し時間がある。とにかく登ってみる事にしよう。

PB160059A.jpg

日が当たらないのだろう。コケだらけだ。
踏むと、じゅうたんみたいにフカフカのところもある。
PB160060A.jpg

聞いた通り、橋を渡って遊歩道の入口。自転車を捨てて歩いて行く。
PB160069A.jpg

原生林の看板があった。
PB160070A.jpg

木の橋を渡って行く。
PB160071A.jpg

しかし、登れども登れども、それらしいモミジの木は無い。

段々道が険しくなってくる。こんな道だとは聞いてないぞ!
ロープをつかんでいないと水とコケと落ち葉で滑って川に落ちる。
PB160073A.jpg

橋のクオリティがさっきのに比べて極端に低い!
PB160075A.jpg

これ、順路の矢印があるけど絶対に道じゃないよね?
雨が降ったら間違いなく川。コケの生えた丸い石。
どこを歩けばいいのやら‥。
PB160076A.jpg

明らかにハイキングコースでは無い。ハードな登山道だ。

山歩きは慣れているので特に問題はなかったが、足場が悪く疲れた。
かなり上まで登り、これかなあ?というモミジの写真を撮って戻った。

これはヒメシャラの木。なかなか悩ましい樹形だ。
PB160082A.jpg

だいぶ戻ったところで、本物のモミジを発見した。
あの苦労は何だったんだ。葉っぱが高すぎて気付かなかったようだ。
PB160101A.jpg

PB160098TA.jpg

もうひとつのモミジもあった。二本並んでいる。
PB160109A.jpg

PB160105A.jpg

PB160108A.jpg

モミジも何とかギリギリ見ることが出来た。やはりゆっくり出ると
最後はバタバタだ。もう少し早く出るようにしなければ‥。

最後にまた水をたらふく飲んで、山を下りた。

あとで確認したら、轟峡で標高265m。原生林は460mくらい。
多良岳横断道の近くまで登っていた。走行距離は50km強。

長田バイパスまで戻った時にはトップリと暮れていた。
不知火橋から見る諫早市街地の夜景。水平な宇宙と呼んでいる。
PB160127A.jpg

さあ、家に帰ってサイフを持って発泡酒を買いに行かなければ。
きょうはちょっとがんばったので、サッポロビーユにしよう!


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。