fc2ブログ

R18?成人向けポタリング車

軒下ラボ ~自転車研究処
11 /22 2013
1979年 丸石自転車エンペラーフラット
POTA03A.jpg

ポタリング車で、成人向け健康増進車と謳っている。

時代を感じる表現だ。違う事を考えてしまう‥。

ポタリングという言葉は、最近つくられた造語だと
思っていたのだが、昔から使われていたらしい。
ポテロングと似ているが、関係はない。

アップハンドルで、クラシックなレザーのバネ付サドル。
ぼんぼりの様な、まるんとしたヘッドライトが泣かせる。
チェーンカバーもスーパーデラックスだ。

総重量15.5kgはちょっと重たいが、品質は確かだったろう。
34年前としては結構な価格だ。

昔の自転車は、グレードは多いがサイズが少なかった。
背が低くて乗れない人は、あきらめるしかなかったが、
実際は、無理して大きいのに乗る人も結構いた。

信号待ちでは、縁石が無ければ大きく傾いて停車する。
無理に爪先立つと、トゥシューズを履いたバレリーナの
ようだ。足がプルプル震える。


2000年頃のアラヤ工業のカタログに、これに似た仕様の
ものが、ツーリング車としてラインナップされていた。
アラヤはずっと、自社が日本人のために良いと考える
自転車を提案し続けているようだ。

アラヤのフェデラルは安いスポーツ車だが、安いだけで
ない事を多くの人が感じているのではないかと思う。

このブログには、アラヤフェデラルで検索して来られる
方が多い。最近また増えているくらいだ。

でも内容を見て、ガッカリして帰る人がほとんどかも
しれない‥。


私個人の意見としては、フラットハンドルよりもアップ
ハンドルの方が、楽に遠くまで走れると思っている。
慣れると上り坂も力が入れやすく、フラつきにくい。

フラットハンドルは、グリップの真横に付けるエンドバーを
使うと上りも楽になるが、ハンドルの幅が広くなりすぎて
長距離には向かない。

流行とかでなく、本当に自分に合う自転車に乗ったら、
きっと走るのが楽しみになるだろう。



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。