fc2ブログ

小径車をワイドレンジ化

軒下ラボ ~自転車研究処
11 /24 2013
家族が使う小径車を、坂道どんと来い仕様に改造した。

オリジナルは、F:52T R:12-28T 7速カセット
P4131963TA.jpg

このギヤ比でも近所の丘を越えることは出来るのだが、
以前使っていた自転車を、F:48T R:14-34Tにして
いたのでそれに近づける事にした。

出来るだけ安価で済ませる方法を考える。
ケチケチ作戦だ。

まず簡単なのは、リヤをワイドレンジ化する方法。
しかし、カセット7速で34Tスプロケットは、存在
してはいるようだがネットで探しても売っている
ショップが見当たらない。

8速ならいくらでもあるが、8速化は金がかかり過ぎる。

フロントを44Tにする手もあるがワイドではないし、
トップがもの足りないだろう。ガード付のチェーン
リングで安くてよいものも無い。BBも交換要かも。

フロントダブル化は、Fディレイラーの取付けに
手間がかかりそうだ。シートチューブが太過ぎて
市販の安いステーが売っていない。変速ワイヤーの
取り回しもきれいにするのが難しい。

しかし、7速で34Tのスプロケットを執念深く探したら、
1件だけ取り扱いがあった。
即購入!しかし、一緒に頼んだRディレイラーが欠品。
これは、入荷してもすぐ売り切れるようだ。

2ヶ月後にようやく購入する事が出来た。
シマノ RD-TX55 直付 庶民の味方、Tourneyターニー。
チェーンも長くなるので一緒に買う。
PB230167A.jpg

同様の製品で、TX35ならどこでも売っていたのだが、
オリジナルのRディレイラーと同じワイヤープーリー付の
TX55かTX75を探した。アウターワイヤーをそのまま
使えるのでお得という算段だった。
しかし、よく考えたら、アウターワイヤーは買っても
たった400円くらい‥。

熟女に熟女を重ねたつもりだったが、甘かったようだ。


交換は特に問題ない。カセットスプロケットをはずす
工具とチェーン切り、それと9番スパナがあればいい。

安いRディレイラーのワイヤー固定ナットのサイズは、
何故か特殊で9番スパナがいる。

調整は説明書通り、TOP位置調整→LOW位置調整の順。
ワイヤーを引き過ぎていたら、やり直し。

新しいチェーンについているオイルは防錆用らしい。
ベタベタする。そのままサラサラのオイルをつけると、
表面張力で油玉になり、しばらくして染みこむ。
最初に洗った方がいいらしい。

今回はLOWが34Tメガレンジなので、LOW位置調整の際、
テンション調整もしないとLOWギヤに掛からなかった。

一応動いたら、ミニドライバーを一本持って、試走
しながら路上で調整する。
しかし、中間のギヤがなかなか上手く入ってくれず、
ご近所を2周した。

最後は、ワイヤーのアジャスターをちょいと回すと
スカ、スカ、 スカとキマるようになった。

変速には問題ないのだが、ちょっとチェーン長の余裕を
取り過ぎたようだ。LOWに入れた時、リムとの隙間が
あまり無い。

LOWでチェーンが暴れる事はないだろうが、もう少し
チェーンを短くすれば車輪の中心側に逃がせそうだ。
PB240268TA.jpg

TOPの状態。オリジナルのスマートさは無くなった。
PB240266TA.jpg

試走のため、買い物ついでに丘を登ってみた。

34TのLOWは、ボスフリーのスプロケットのような
イキナリ感が無く、意外と使いやすい。

7速ボスフリー:14 16 18 20 22 24 34 ←10T飛ぶ
7速カセット :13 15 17 20 24 29 34 ←今回
オリジナル  :12 14 16 18 21 24 28 ←平地ならOK

TOPは、オリジナルの12Tより速度は少し遅くなるが、
ぶっ飛ばす事は無いので全然問題ない。
TOPだけ12Tに換える事は出来るかもしれない。

今回は、部品代+送料で五千円ちょっとかかった。

もう少し手を掛ければ、よい散歩自転車になる。
折を見て、取りあげてしまいたい‥。

 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。