fc2ブログ

ぬっぺ飯を食べに小長井へ

日々の事
12 /01 2013
諫早の郷土料理に、「ぬっぺ」と言ふものがある。

根菜が中心の煮物で、全国的に分布する、ぬっぺ・のっぺ・
のっぺいに類するもののようだ。
元々は法事の時に出される精進料理だった。

地域でいろいろな変化をしている。
諫早では、片栗粉でとろみをつけて仕上げるそうだ。
諫早で法事には行く事がないので、本物は食べたことが無い。

最近、諫早市商工会が、市に併合された4町、飯盛(いいもり)
・森山・多良見(たらみ)・小長井(こながい)の地域振興の
テコ入れのためなのか知らないが、このぬっぺをアレンジした
「ぬっぺ飯」を売り出している。

よし、やっと前置き終わり。

家内がこれを食べたいと言うので、昼ごはんに行くことにした。

4町・7店舗で扱っているが、小長井のカキフライが乗ったのもある
店のが、蟹ダシ鶏飯で一番美味そうだった。よだれの量で判断した。

自転車散歩に行く予定だったので、嫁御号(軽)の後に自転車を
積んで行き、帰りは小長井から諫早までひとり自走する計画だ。

牟田商店 かき焼きと釜飯屋をやっている。国道を挟んだ所に
海産物販売の店舗がある。
PC010279A.jpg

店の前から見る曇天の暗く淋しい海。佐賀との県境に近い
この辺りまで来ると、クルマでも旅人気分。
ああ遠くに来たなあ、という気になる。
PC010280LA.jpg

海岸で牡蠣を養殖。積み重なり、ぶら下がっている。
有明海は干満の差が大きい。満ちると海の中。
PC010281A.jpg

500円の普通のぬっぺ飯と、800円の牡蠣フライぬっぺがある。
せっかくなので、奮発して牡蠣フライぬっぺを注文した。
明日はお茶漬けだろう。

つくづく思うが、自分はグルメ系ブログをやるのは無理だ。

料理が来たら、写真を撮る事など忘れて喰ってしまう。
食いかけ写真をブログに公開するわけにもいかない。
(当たり前だ!)

ぬっぺ飯は、店によってアレンジが異なる。
ここのは、蟹ダシの炊き込みご飯にぬっぺをかけてある。
mutashoten01A.jpg

ぬっぺの話を聞いた時は、ええ~?わざわざ田舎の煮しめを
はるばる食いに行くのかよと思ったのだが、小長井の牡蠣を
買いたかったので、行くことにした。

意外や意外、本当に美味しかった。だいたいが釜飯屋なので、
炊き込みご飯自体が美味いのだろう。
カキフライが、もう降参だ。フライにしているのにデカくて
プリプリ。やはり小長井の牡蠣だ。

食べたら無くなってしまうのが、これほど残念だと思う事も
あまり無い。 ああ~無くなってしまう~

ぬっぺ飯には、味噌汁と漬物がついている。また味噌汁の
美味い事!写真では豆腐と油揚げだが、あさりがたっぷり
入ったあさり汁、海鮮ダシが最高だった。

さてうまいものを食べたし、牡蠣を買って、自転車散歩と
思った刹那、外を見ると雨。

天気予報はくもりのち晴れのはずだった。
仕方がないので、自宅と実家の分の牡蠣を買って帰った
PC010278A.jpg

釜飯屋スペースで食べたのだが、カキ焼きの煙が入って
来ていぶされ、煙の匂いがついた。
乞食のような格好をして行ったほうがいい。

諫早市街地まで戻ったら、晴れてきたので、家に戻って
から自転車散歩に出かけた。

夜はもちろんカキ焼き。
PC011894A.jpg

今年の牡蠣は小さめかと思ったが、結構、身が大きい。
数年前は、とんでもないデカさだったので、まだその
印象があるのだろう。
PC011902A.jpg

PC011904A.jpg

ひとり7個くらいだったが、もう充分な量だ。
計算したら、ひとり分たったの400円ほど。

海の神様に感謝するしかない。

きょうもよい一日だった。
まだ煙の匂いがするので、鼻の穴を洗ってから寝よう。


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
ブログ村 長崎情報へのリンクです
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。