fc2ブログ

安くて明るくて残念なLEDライト☆

軒下ラボ ~自転車研究処
12 /11 2013
普段よく使っている、フジキンのLEDサイクルライト
使い込んで、すっかりくたびれている。
PC111932A.jpg

特徴
◎0.5ワットの明るさなのに、あさひでたったの1,701円。
◎連続35時間点灯。
◎調整式の固定クランプなので複数の自転車に使える。

確かに明るいし、照射範囲もソコソコある。
見やすいし、見つけられやすい。
電池もけっこう長持ちする。

今でもいい買い物だったと思っている。
が、
作りがしょせん中国製ねと思ってしまうクオリティだ。

◎レンズをよく見ると、仕上りが悲しいほど雑。
不純物が混じっているし、内部の面はもこもこ。
もう少し滑らかにすれば、光がもっと届きそう。
PC111916A.jpg

電池交換の際、前面のレンズ部を回してはずすのだが、
円周上の移動量が、ほんの数ミリ。
写真のclose open間の半分ほど。
PC111923A.jpg
ちょっと少なすぎだろう。電極のバネで一応押えているが、
路面ギャップの衝撃でレンズ部がとれて落ちそうだ。

バネも弱く、指二本で簡単にはずせる。
しかも、押して回すのでなく、回すだけ。おいおい。
PC111925A.jpg
一応、防水パッキンが入っている。

振動試験くらいはしているだろうが、信用出来ないので
黒のビニールテープで巻いて止めている。
PC111934A.jpg

◎ライト部と固定ベースにすき間があり、グラグラする。
そのままでは光がブレるし、振動で削れてすき間がますます
大きくなってしまう。

ベースが2ピースなので、バラして上部ベースの内側を削り
ミゾを狭くしてすき間が出来ないようにした。
PC111928A.jpg

上部の水平のミゾにライトをスライドしてはめる。
PC111926A.jpg

◎明るいので複数の自転車に付け替えて使っているうちに、
だんだんクランプの押さえが効かなくなってきた。
しまいにはクランプのベルトが滑って固定不能になった。

ラッチの山が削れて引っ掛からなくなったので、ベルトを
適当な位置にタッピングビスで固定した。
PC111929A.jpg
大きな調整は出来なくなったが、ハンドル側にビニール
テープなどを巻いて調整範囲に入るようにした。

これで問題なく使えている。
総合的にはOK、価格からすれば充分だ。

お年玉で、キャットアイの五千円以上する滅茶苦茶
明るいライトを買おうとも考えている。

でも、フジキンのをもう一個買って、並べて使っても
かなり明るくなるのでいいかも知れない。

高いよりは安いほうがうれしい。

貧乏ったれと呼びたければ呼ぶがいい。


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
とても押してほしいのですが、どうでもいいです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Ramblingbird

長崎南部の自転車散歩やどうでもいい出来事を、小学生ギャグを交えて書き散らします。お下劣な表現を含みますのでご注意下さい。